カテゴリ:社会

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/10(火) 11:13:16.16 ID:CAP_USER9
    「宮崎勤事件」フジ衝撃スクープSP、瞬間最高16・8%をマーク
    2017年10月10日10時49分 スポーツ報知

    7日に放送されたフジテレビ系土曜プレミアム「衝撃スクープSP 30年目の真実
    ~東京・埼玉連続幼女誘拐殺人犯・宮崎勤の肉声~」(後9時)の
    平均視聴率が11・4%を記録したことが10日、分かった。

    昭和と平成にかけて世間を震撼させた連続幼女誘拐殺人事件のスクープを放送。
    当時の報道映像も使用しながら、ミュージシャンで俳優の金子ノブアキ(36)主演で
    事件をドキュメンタリードラマ化した。

    瞬間最高は午後11時1分、金子演じる刑事が公園で立ち尽くし事件を振り返る
    ドラマのクライマックスシーンで16・8%を記録した。
    (数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171010-OHT1T50127.html
    金子ノブアキ
    http://www.hochi.co.jp/photo/20171010/20171010-OHT1I50073-L.jpg
    no title

    【フジテレビ「宮崎勤事件」番組の視聴率がヤバイwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/09(月) 13:21:55.13 ID:CAP_USER9
    8日放送の「林先生が驚く初耳学!」(TBS系)で、林修氏が、長時間に及ぶ通勤時間がもたらす弊害を指摘した。

    番組では、林氏が「職場の近くに金をかけてでも住むべき!」と提唱した。

    広くて安い郊外の家から電車通勤するより、家賃が高くても職場に近い家を絶対に選択すべきだというのだ。

    林氏自身、新卒社員のときから一貫して東京・文京区に住み続け、歯を食いしばって高い家賃を払い続けてきたという。そのため、40歳過ぎまで、貯蓄はなかったそうだ。

    その理由として、林氏は、長い通勤時間で睡眠時間と運動時間を確実に失う、と指摘する。

    林氏は「満員電車でかかるストレスで失うものって意外と大きいんですよ」といい、「時間っていうのは本当に貴重な財産」だと胸を張った。

    さらに「お金の場合には、皆さん使い道をよく考えられると思うんですけど、時間はそれ以上にもしかしたら価値があるものかも知れない」と主張したのだった。

    最後に、林氏は時間とお金の総合的なバランスを把握した上で、自身の明確な考えに基づいて選択を行うよう、出演者に呼びかけていた。
    74fb07ab489900e7170685d26309a639-cm

    2017年10月9日 10時58分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13723550/

    【林修氏が通勤時間の無駄を提言wwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/07(土) 19:18:10.41 ID:CAP_USER9
    昨今、政局を語るコメンテーターとしてテレビ出演が増加している舛添要一前都知事。

     しばらく音沙汰なしの状態が続いていた舛添氏だが、今年6月には都知事辞任までの経緯を記した著書「都知事失格」(小学館)を刊行。

     8月には「有吉ジャポン」(TBS系)にVTR出演して近況を明かすなど、テレビ出演を増加させている。

    「舛添さんのテレビ出演への意欲は周囲でも話題ですよ」と語るのはテレビ関係者だ。

    「9月2日にもAbemaTVで小池都知事を痛烈に批判していましたが、地上波、ネット問わず出られる番組は全部出るというスタンス。こっぴどくイジられるバラエティ番組でも喜んで出演してくれるので、キャスティングする側としてはありがたい存在です」

     そんな舛添氏だが「都知事をやめて1年以上経ったいま、新たに抱いている“次の野望”があるらしいんですよ」と声を潜めて言うこの関係者がさらにこう明かす。

    「政治経済の幅広いジャンルをカバーして解説する番組を持ちたいと漏らしていました。それって完全に『池上彰さんのポジション』になりたいということ。決して池上さんの名前こそ口に出さないものの『ああいう風になりたいのか』と思いました」

     舛添氏が狙う“池上彰のポジション”。都知事辞任時の“醜態”を視聴者が忘れてくれているとは、まだまだ思えないが…。

    (白川健一)
    20171007_asagei_masuzoe-250x250

    2017年10月7日 09:59
    http://www.asagei.com/90256

    【舛添要一が池上彰のポジションを狙っていることが判明wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/07(土) 13:33:05.11 ID:CAP_USER9
    日系の英国人作家カズオ・イシグロ氏(62)が今年のノーベル文学賞受賞者に決定してから一夜明けた6日、受賞には至らなかった日本の作家・村上春樹氏(68)について、文芸評論家の川村湊氏は「村上さんの受賞は遠のいたと思います。少なくとも7、8年後でしょう」と分析した。

     昨年の著書「村上春樹はノーベル賞をとれるのか?」でイシグロ氏受賞の可能性を明記していた川村氏は「驚きはないですね」と感想を述べながら「村上さんも受賞を争ったと思いますけど、スウェーデン・アカデミーは昨年、ボブ・ディランを選んで一部で批判されたので、今回は文学の王道たるイシグロさんを選ぼうと思ったのではないでしょうか。世界的には村上さんはエンターテインメント作家と見られています」と選考経過を読む。

     ノーベル文学賞は、国籍や言語によって「持ち回り」の周期があるとされる。川村氏は「続くことは過去に一度もありません。今回、23年ぶりの日本出身作家ですから、日本人作家は当分ないでしょう」とみている。アジア人としても、直近の受賞は2012年の中国・莫言氏。その前は00年の高行健氏(中国)。昨年のディランは米国人として23年ぶりの受賞だった。

     イシグロ氏は、ロンドンの出版社で2度目の会見に臨んだ。親友でもある村上氏の名前を挙げて「他の偉大な作家が受賞していないのは少し罪悪感を覚える」と複雑な胸中を吐露しながら「ディラン、私となったので、次は春樹さんに取ってほしい」と期待を口にした。

     三浦春馬(俳優。イシグロ氏原作のドラマ「わたしを離さないで」に出演)「独自の世界観の中で命の煌(きら)めき、希望を持つことのかけがえのなさを学ばせていただいたことを懐かしく、そしてあらためて光栄に感じます。これからも作品たちが、世界中の人々に愛され続けることを願っています」

    【村上春樹氏がノーベル賞を獲得するにはあと数年かかるらしいwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/06(金) 19:20:19.11 ID:CAP_USER9
    小池百合子東京都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」に所属していた音喜多駿都議が5日、離党届を提出した。
    6日放送の情報番組『ビビット』(TBS系)で小池氏を「信じていた」という音喜多氏に、金曜パーソナリティー陣の意見は厳しかった。

    小池百合子氏は都知事選から自分を支援してくれた音喜多駿都議を群れの中で最初に海に飛び込む“ファーストペンギン”と称し、
    今年7月まで「都民ファーストの会 東京都議団」の幹事長を任せていた。

    しかし都民ファーストが今年7月の都議選で55議席を獲得して第1党に躍進してから、音喜多氏は党三役などの役職を離れている。

    小池氏は表では「情報公開」「イエスマンはいらない」と力説しているが、都民ファースト内部では統制が行われていた―と音喜多氏は訴える。
    今夏の都議選後、同党の数度にわたる代表人事が小池氏を含む3人の幹部で密室で決められたこと、メディア出演などを含めた自由な情報発信を制限されたことなどを挙げ、
    党の運営や国政進出など「小池氏の姿勢に疑問を持つようになった」という音喜多氏。

    これらの点については毎回の総会で意見を出したり9月の中旬には文章で改善を申し入れていたが、本部から納得がいく回答は得られなかったようだ。

    そして都知事として小池氏のこれまでの功績は評価すべきとしながらも、
    「55議席という大所帯になってから、(小池氏と)直接コミュニケーションを取る機会が無くなった」と溢す音喜多氏に、
    テリー伊藤は「小池さんの本質が見えていなかったのではないか」と戒めた。

    また眞鍋かをりは「小池さんは最初から音喜多さんのことなんて…失礼ですけど」

    「音喜多さんのことは最初から視界に入っていなかっただけ」と持論を展開。
    小池氏の態度は最初から変わっておらず一貫しているが、音喜多氏だけが“もっと一緒にやっていきたい”、
    “もっとこっちを見て欲しい”と期待していただけではないかと手厳しかった。

    (TechinsightJapan編集部 みやび)

    2017年10月6日 15時50分 Techinsight
    http://news.livedoor.com/article/detail/13713297/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/e/5e203_196_1d8cc155_17516ea2.jpg
    no title


    【テレビ】<音喜多都議の小池知事批判>安藤優子キャスター「ビックリ。一番そばで支えてきた人なのに…」
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1507094882/

    【眞鍋かをりが小池都知事を擁護「音喜多さんのことは最初から視界に入っていなかっただけ」】の続きを読む

    このページのトップヘ