カテゴリ:芸能

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    senju1-618x477


    1 : 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2016/07/07(木) 10:51:57.71 ID:ID:CAP_USER9.net
    オリコン 7月7日 10時30分配信

     テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは7日、『2016上半期タレントCM起用社数ランキング』を発表した。
    男性部門は、人気グループ・嵐の相葉雅紀が12社で3年連続の1位。女性部門は、タレントのマツコ・デラックスが12社で
    初の上半期女王に輝いた。

     昨年は年間王者にも輝いた相葉は、嵐としてキリンビール、日本航空、日本郵便などのCMに出演。
    個人では池田模範堂、エバラ食品工業、カルビーなど爽やかなイメージにピッタリなCMに出演し、堂々のV3を達成した。

     男性部門の2位には、同じく嵐の櫻井翔と二宮和也、そしてプロテニスプレーヤーの錦織圭選手が
    11社でランクイン。3位は嵐の松本潤が10社、4位は嵐の大野智と手に解説者でタレントの松岡修造が9社で並び、
    上位は嵐とテニス関係者が独占した。

     そのほか、昨年のラグビーワールドカップの活躍で一気に注目を集めた五郎丸歩選手や、女優の北川景子と結婚し
    家庭的な一面も魅力となった歌手でタレントのDAIGO、映画とドラマで大活躍し「au」三太郎シリーズの
    “鬼ちゃん”でも注目を集めた俳優の菅田将暉らが、7社に出演で6位に初ランクインした。

     女性部門で初めて首位になったマツコは、昨年の5位(7社)から大きく上昇。NTTコミュニケーションズ、
    花王、昭和西川、タイガー魔法瓶、トヨタ自動車など、その強烈なキャラクターを生かしながら、
    親しみやすいお茶の間の顔として人気を見せつけた。

     2位は、11社に出演した女優の有村架純と広瀬すず、そして大ブレイクで初のランクインを果たした
    吉田羊の3人。モデルで2014年の年間女王のローラが10社で3位、昨年の年間女王の女優の上戸彩をはじめ、
    綾瀬はるか、桐谷美玲、松岡茉優もの4人が9社で4位に入った。

    ■2016上半期タレントCM起用社数ランキング(同順位は50音順)
    ◇男性部門
    1位 12社 相葉雅紀(嵐)
    2位 11社 櫻井翔(嵐)、錦織圭、二宮和也(嵐)
    3位 10社 松本潤(嵐)
    4位 9社 大野智(嵐)、松岡修造
    5位 8社 西島秀俊、松重豊
    6位 7社 阿部寛、小栗旬、五郎丸歩、菅田将暉、DAIGO、玉木宏、妻夫木聡、向井理

    ◇女性部門
    1位 12社 マツコ・デラックス
    2位 11社 有村架純、広瀬すず、吉田羊
    3位 10社 ローラ
    4位 9社 綾瀬はるか、上戸彩、桐谷美玲、松岡茉優
    5位 8社 石原さとみ、木村文乃、武井咲、山本美月
    6位 7社 杏、菅野美穂、平祐奈、菜々緒、本田翼、宮崎あおい、渡辺直美、吉田沙保里

    【調査概要】
    調査項目:テレビCMに出演している男女タレントの起用社数ランキング
    調査期間:2016年1月1日~6月30日
    対象局:日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ(東京地区オンエア分)
    備考:番組宣伝や本人出演のCD/DVD・着うた・映画CMなどは除く
    (すべてニホンモニター調べ/同社サイト:http://www.n-monitor.co.jp/pressreiease/2016/0707.html)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00000319-oric-ent
    10 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/07/07(木) 10:53:28.50 ID:ID:pBo+/SJv0.net
    >>1
    池田模範堂ってmuhiなんだ
    提供クレジットでさえmuhiだから
    【マツコ・デラックス 初の上半期CM女王?に男性部門は…?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/06(水) 22:17:54.39 ID:ID:CAP_USER9.net
    女優の斉藤由貴が6日、東京・渋谷のパルコ劇場で行われた舞台『母と惑星について、および自転する女たちの記録』公開けいこ前の囲み取材に出席。
    NHK大河ドラマ『真田丸』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)をはじめ、連ドラや舞台など多忙を極めている斉藤は、同作への意気込みを語るなかで“本音”を漏らす一幕があった。

    「最近、時間配分が間違ってると思ってる。私の人生はこんなはずじゃなかった。やることが多すぎる」と笑いながらポツリ。
    「大河やって舞台やって、3児の母やって、どう考えたって無理がありますよね」とうれしい悲鳴。

    過密スケジュールに弱音を吐きつつも「大変。でも、すてきなお仕事をたくさんいただくことが多い。
    ついつい依頼を受けると燃えちゃう」と充実感をにじませると「きちんと考えながら時間配分しないと。
    この舞台は、絶対にやりたいと思った。だから必死になって取り掛かってます」と気合十分に語った。

    同作は、奔放に生き、突然この世を去った母親を持った三姉妹が、母の遺骨を持ってあてのない旅に出る物語。
    7日から31日まで同所で上演される。

    囲み取材にはそのほか、志田未来、鈴木杏、田畑智子が出席。
    母親を演じる斉藤は、志田ら“3姉妹”を「皆さんすごい。立ちけいこの初日からほぼセリフが完璧で台本を持っていたのが私だけだった。
    この3人のことを尊敬しています」と絶賛していた。
    20160706-00000337-oric-000-7-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00000337-oric-ent
    オリコン 7月6日(水)18時10分配信

    【斉藤由貴「私の人生はこんなはずじゃなかった。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    153129704_624


    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/07(木) 08:00:37.77 ID:ID:CAP_USER9.net
    アイドルグループ・Kis-My-Ft2のメンバーである宮田俊哉(27)が、女性ファンだけではなく男性ファンからの支持率も上昇させている。

    宮田といえば、ジャニーズきっての「オタク」として認知されており、先月25日に放送されたサブカル系トーク番組『久保みねヒャダこじらせナイト』(フジテレビ系)にも、
    ジャニーズ事務所のタレントとして初出演し、そのオタクぶりを披露した。

    番組では、人気アニメ『ラブライブ!』の熱狂的なファンである宮田が、先日行われた同作品のファイナルライブに一般客として参戦したエピソードを告白。
    ライブ中に突然宮田の携帯に事務所から連絡が入り、「写真を撮られ過ぎているので注意して下さい」と、注意を受けていたことを語った。

    さらにその一件を受け、事務所からはしばらくアニメ関連のライブ観戦など「オタク活動(オタ活)」を自粛するよう咎められていたが、さ
    ほど日をおかずに再び人気声優の水樹奈々(36)のライブに参戦したことを暴露した。
    この宮田のオタク全開ぶりが、番組を観ていた視聴者の間では大きな話題を呼んでいるようだ。

    「ファンの間では宮田がオタクであることは有名ですが、宮田のことをあまり知らない人にとっては、
    そのガチぶりに男女問わず好感を抱いた人が多いようです」(芸能ライター)

    タレントが「オタク」であることを公言することは、ある種ハードルが高い。というのも、「ビジネスオタク」と揶揄されるリスクが大きいからだ。
    宮田もKis-My-Ft2デビュー時からオタクであることを公言してきたが、当初はビジネスオタク的な目で見られていた部分もあった。
    しかしこれまで告白してきた数々のオタクエピソードで、「宮田は本物だ」と認知され、がっちり彼らのハートを掴むことに成功したようだ。

    ■事務所の注意に男性オタクの擁護も

    そんなオタクからの支持率をぐんぐん上昇させている宮田だが、前述のように事務所から「オタ活の自粛」を受けたエピソードの反響か、現在では宮田を擁護しようとする動きがある。
    ネットでは宮田がイベントやライブに引き続き参加できるように、「写真はとってもネットにあげないこと」などといった注意喚起のツイートも多々見受けられる。

    「ジャニーズとは異なるファン層からの支持ということもあるのでしょう。中には『ジャニーズは嫌いだけど、宮田のことは好きだ』という声や
    『ジャニーズだって一人の男なんだから好きなことさせてやれよ』といった、“いちオタク”として宮田を支持する声も多いようです」(前出・ライター)

    男性からの支持層が高いジャニーズ所属のタレントといえば、『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、アイドルとは思えない泥臭くアクティブな活動を見せるTOKIOのメンバーたちである。

    TOKIO同様、宮田も男性支持率の高いジャニーズタレントとしての特別なポジションを得ることに成功しているのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1158514/
    2016.07.07 07:05 デイリーニュースオンライン
     
     
    【ジャニーズ唯一のオタク?キスマイ宮田が異例の男性人気】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/07(木) 05:30:59.92 ID:ID:CAP_USER9.net
    ふたりの逢瀬は、いつもマンションの部屋の中だ。東京都心にそびえる超高級タワーマンション。
    多数の監視カメラ、オートロックはもちろん、警備員やコンシェルジュが24時間常駐で、セキュリティーは万全。
    住民のプライバシーは守られ、多くの芸能人が住んでいる。その最上階近くの一室に、嵐・二宮和也(33才)が暮らしている。

    部屋の広さはゆうに100平方メートルを超える。彼にとってリラックスできる空間は何事にも代えがたい。
    二宮は、オフの時間があってもほとんど外出はしない“引きこもり”。
    家にこもってテレビゲームをしたり、マンガを読んだり、ギターで曲を作ったり。
    過去にテレビ番組で、「外食は年に2回だけ」と明かしたこともあった。

    そんな生活を送る二宮のそばに、最近、1人の女性の姿がある。
    彼女は、夕方のニュース番組『news every.』(日本テレビ系)で、「カルチャー&スポーツ」などを担当する伊藤綾子アナ(35才)だ。

    6月のある週末のこと。二宮は朝早くにマンションに迎えにきた事務所の車で東京ドームに向かった。
    11時に開演する大型イベント『嵐のワクワク学校』に出演するためだ。

    その日の夕方、マンションの裏口から出てきたのは、ブルーのTシャツ、ジーパン、白スニーカーというラフな格好の伊藤アナだった。
    小さな斜めかけバッグを肩からかけている。ときおり左右を見渡したり、後ろを振り返ったりと周囲を気にしながら、近所にある高級スーパーへ。
    店内では手慣れた様子で食材を選ぶと、マンションに帰っていった。

    ドームでのイベントを終えた二宮が、伊藤アナの待つ部屋へと帰ってきたのは、深夜を回った頃だった。

    「多忙のうえ、なかなかふたりで外でディナーというのも難しい。だから、彼女が料理の腕をふるっているそうです。
    特にこだわっているのは朝ごはん。朝の方が一緒に食べられることが多いみたいですね」(事情を知る関係者)

    仕事帰りに彼のマンションへ向かい、近所で買い物を済ませると部屋に戻る。そんな伊藤アナの姿が連日、目撃されている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160707-00000001-pseven-ent
    NEWS ポストセブン 7月7日(木)5時0分配信






    12 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/07/07(木) 05:41:29.39 ID:ID:wMgzd0kS0.net
    >>1
    二宮が先に誕生日が来たから今は2つ違いだけど
    本当は3歳違いなんだなー
    30過ぎてえらい年上にいったなw
    13 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/07/07(木) 05:46:05.69 ID:ID:emD61yY20.net
    >>1
    ギターで曲作ったりは盛ってますよね
    もっぱらゲームじゃない
    【嵐・二宮和也 熱愛!!伊藤綾子アナと「厳戒態勢」交際】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/07(木) 08:04:22.66 ID:ID:CAP_USER9.net
    歌手の和田アキ子(66)が、7月2日に放送されたラジオ番組『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)の中で、
    女優の高島礼子(51)が会見で示唆した離婚の可能性について持論を展開した。
    「私だけの見解ですよ」と前置きした上での発言だったが、世間の反感を買い、炎上騒ぎとなっているようだ。

    高島は会見で、夫である高知東生(51)の犯した罪に対し「今は妻として、彼をどう支えていくか考えたい」と語り、
    離婚の可能性について「選択肢の一つとして考えなければ」と発言した。
    この会見を見ていたという和田は、この日のラジオで「離婚なんてできる? 普通するの?」とコメント。
    「離婚っていうのはちょっと違うんじゃないかな。やっぱり、妻の責任として彼が反省して、
    どうやって更生して、人生をやり直していくか見極めるべきだと私は思う」と、高島の考え方を否定した。

    和田の言い分にも一理あるが、この“妻の責任”という言葉に対して「酷だ」と捉えるリスナーが多く、SNSなどで批判的なコメントが続出することとなった。
    「人の責任について他人が口出しすることじゃない」「不倫されたのに更生まで面倒みろって、
    そこまでいったら妻の責任じゃないでしょ!」と、世間から怒りの声が上がってしまった。

    「高島はマスコミに向けて『妻の責任はあると思っている』とコメントしました。
    それを受けて和田も『妻の責任』と発言したと思うんですが、まったくの他人に『責任』を押し付けられることほど不快なものはありません。
    多くのリスナーは高島に同情したようで炎上騒ぎとなっているようです」(芸能ライター)

    離婚するかどうかは、いずれにせよ当人たちが決めること。芸能界のご意見番も、おとなしく事の成り行きを見守るしかなさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1158689/
    2016.07.07 07:00 日刊大衆




    【和田アキ子、高島礼子への発言に批判殺到wwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ