カテゴリ:芸能

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/23(火) 12:26:20.77 ID:ID:CAP_USER9.net
    22日放送の『1番だけが知っている』(TBS)に女優・芦田愛菜がVTR出演。芸能界一の読書家である彼女がこれまでで「1番魂が震えた」という本を明かした。

     今年、偏差値70以上の超難関中学校に合格したことでも話題になった芦田だが、単に勉強ができるというだけでなく、実は相当な読書家であることを告白。すでに5歳から児童文学書を読み出し、小学生低学年の時にはアガサ・クリスティーの小説を読破していたのだという。

     これまでに1000冊もの本を読破してきた芦田が一番感動したというのが、2012年にiPS細胞の発見でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授の自伝「山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた」。

     本にはiPS細胞発見にいたるまでの経緯と山中教授の波乱万丈な人生が描かれているそうで、芦田はその中でも特に山中教授が「人間万事塞翁が馬」という言葉を座右の銘としていることに深く感銘を受けたという。

     山中教授について芦田は「他の人の何倍も努力していると思うんですけど、その努力を楽しんでる」と物事にまっすぐ向き合う山中教授の姿に感動したと語り、「これから先、辛いこともあると思うんですけど、その時その時一喜一憂するんじゃなくて、これはチャンスかもしれないって思えるようになれれば」と前向きにコメントしていた。

    2017年5月23日 0時54分 RBB TODAY
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13098486/

    【芦田愛菜、愛読書はiPS細胞の山中伸弥教授の本wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ee268afd


    1 : Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/23(火) 12:53:56.95 ID:ID:CAP_USER9.net
    『エゴサーチTV』に、お笑い芸人のエド・はるみが登場。自身に流れているクレーマー説を否定した。

    MCを務めるお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が、エド・はるみの名前で検索していくと、「エド・はるみ、驚愕のクレーマー」というタイトルの記事を発見。数年前、新幹線のグリーン車に乗っていたエドは、空調が寒かったために多目的室(体調が悪い乗客などが利用できる部屋)へ移動。その際、車掌に「個室にいたのでグリーン料金は返してもらえますよね」と尋ねたそう。さらに似たようなことが数回あり、「吉本興業に連絡をしたらぴたりと止んだ」という。

     この記事の内容についてエドは、「まったくの嘘です」と主張。極度の寒がりで、多目的室に移動したところまでは事実だが、帰りはお礼のメモ書きを置いて降りただけだと説明した。週刊誌にこの記事が載る直前、マネージャーから事の真相について聞かれ、エドはきっぱり否定したものの、結局記事はそのまま掲載されてしまったという。

     エドは続けて、「もしJR側がお金を返したとおっしゃるのなら、広報の方を通して何月何日に料金を返したか、ちゃんと裏取りをして言ってほしい。私は本当にお金なんかいただいてないですし、お金を返してもらうなんて発想、1ミリも浮かびませんでした」と怒りを大爆発させた。

     西野は「どうしてエドさんがそんなにネガティブキャンペーンされるんですかね?メリットがないじゃない」と腑に落ちない様子。エドは、「私はマナーの先生やってたり、ちゃんとしなきゃっていう意識でやってきたけど、だからこそ『でも本当は嫌なやつらしいぜ』って書きたい人がいると思うんですよ」と批判的な記事を書かれる理由について推測した。

     また、正義感の強さから間違ったことにははっきり言うため、反感を買ってしまうこともあると自身を分析。それでもエドは、「書かれていること1つ1つに、『これは違う』とか、しっかり否定していきます」と意思表示をした。(AbemaTV/『エゴサーチTV』より
    20170523-00010006-abema-000-1-view
    20170523-00010006-abema-001-1-view

    AbemaTIMES 5/23(火) 12:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00010006-abema-ent

    【エドはるみ、クレーマー説を否定!怒り「グリーン車代を返してなんて言ってない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : ひろし ★@\(^o^)/ 2017/05/22(月) 23:13:35.14 ID:ID:CAP_USER9.net
     歌舞伎俳優・市川海老蔵が22日、ブログを更新。薬が飲み込めないがん闘病中の妻・小林麻央のために、大量の薬を粉々に砕いてあげていることを明かした。

     この日、公演終了後にいつものように麻央の病院に見舞いに向かった海老蔵。「薬をくだく」と題してブログを投稿し、「飲み込めないらしく、粉々に」と大量の薬を並べた写真と、砕いた薬の写真をアップした。

     病院に向かう際には、「まおのところへいくと私はお笑い担当なんす笑笑よ笑笑」と妻を笑顔にすることを心がけていることもつづっていた。

     帰宅後は、最近の定番になっている麻央のための野菜スープ作りに専念したようで、「とり野菜スープ」の写真も公開していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000130-dal-ent
    32 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/22(月) 23:25:43.58 ID:ID:ytyKpESu0.net
    >>1
    家族が大量の薬を飲みにくいからと粉々にするなんて聞いた事がない。
    そういうのは医師からの指示で薬剤師がやる事では?
    なんか不信感

    【小林麻央さん「薬が飲み込めない」海老蔵、大量の薬砕く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/05/22(月) 20:56:32.92 ID:ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000121-dal-ent
    デイリースポーツ 5/22(月) 20:51配信

     お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(46)が22日、TBS系で放送された「名医のTHE太鼓判」(後7・00)に出演。動脈硬化のリスクが高く、突然死の可能性がある診断され、妻でタレントの木下優樹菜(29)が「ふざけんなよ!」と激怒した。

     人間ドックで左冠動脈の付け根に動脈硬化がある、と診断されたフジモン。悪玉コレステロールの数値も217と基準値(70~139)を大幅に上回っていた。冠動脈は心臓に酸素や栄養を送る血管。ここが詰まると突然死のリスクがある。

     妻のユッキーナはフジモンから電話で報告を受け、「いつ死んでもおかしくないってことですよね。うそでしょ!それになるの、早すぎない?」と絶叫。「ふざけんなよ!いい加減にして」と激怒すると、「まだローンが、33年ローンで!『80歳までオレはひな壇で生きる』って言ってたから」と住宅ローンを残して倒れることを心配?した。

     17歳上のフジモンの身体を気遣い、ユッキーナは油ものを控え、ご飯は五穀米、野菜をたくさんとれる健康的なメニューを作っていたが、フジモンは仕事先で、運動もせず高カロリー食を食べまくっていた。

     3週間の生活習慣改善期間を与えられ、生活を改めたところ、当初の「余命9年、寿命55歳」との診断は、「余命30年、寿命76歳」に伸び、フジモンも安堵の表情だった。
    56 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/22(月) 21:13:15.09 ID:ID:OEtuJ3AW0.net
    >>1
    生命保険に加入してるだろ?
    2 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/22(月) 20:57:19.76 ID:ID:Q7d0y5J+0.net
    優樹菜「9年も生きるのかよ!!!」
    73 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/22(月) 21:21:41.05 ID:ID:wcMCdbZf0.net
    >>2
    1日三回夜のお勤めでさらに三年短縮できます。

    【フジモン動脈硬化で「余命9年」妻・ユッキーナ激怒!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : ひぃぃ ★@\(^o^)/ 2017/05/23(火) 09:27:54.06 ID:ID:CAP_USER9.net
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めるフジテレビ「貴族探偵」(月曜後9・00)の第6話が22日に放送され、平均視聴率は7・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。

     初回は「月9」としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来3クールぶりの2桁スタートとなる11・8%。第2話=8・3%、第3話=9・1%、第4話=8・9%、第5話8・0%と推移し、今回は自己最低を更新。2桁復帰はならず、苦戦が続いている。

     1987年4月からドラマ枠になった同局の看板枠「月9」の30周年を飾る作品。原作は麻耶雄嵩氏の「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」。召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じるという異色の探偵(相葉)を描く。相葉が15年4月クールに主演した同局「ようこそ、わが家へ」のスタッフが再集結した。

     第6話は、貴族探偵(相葉雅紀)と高徳愛香(武井咲)が立会人となった桜川家、婿選びの儀式で、凄惨な連続殺人が起きてしまった。儀式は桜川家当主、鷹亮(竜雷太)の孫娘、弥生(北香那)の婿を決めるもの。莫大な財産と権力を引き継ぐことになるので、鷹亮はこのような事態が発生することを懸念していた…という展開だった。

    2017年5月23日 09:13
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/23/kiji/20170522s00041000297000c.html
    60 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/23(火) 09:38:19.97 ID:ID:RUE/IozF0.net
    >>1

    これを読んだだけでも面白くないというのがわかる。もうフジはドラマを止めた方がいいよ。

    【嵐・相葉 月9「貴族探偵」視聴率また自己最低wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ