カテゴリ:芸能

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : digitec ★@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 02:37:27.36 ID:ID:CAP_USER9.net
    JSB大賞買収疑惑のレコ大、「疑惑の受賞」続出の歴史…近藤真彦はオリコン35位でも大賞

     やはり、大金が動いていたのか――。

     10月27日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によれば、昨年末の「日本レコード大賞」を三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE(以下、三代目)の曲『Unfair World』が獲得した裏で、同グループが所属する芸能事務所LDHが、同賞の選考に強い影響力を持つとされる芸能事務所バーニングプロダクションに1億円を支払っていたという。

     昭和時代、日本レコード大賞は年末の風物詩として国民的関心を寄せられる一大イベントだった。沢田研二の『勝手にしやがれ』が大賞を受賞した1977年の平均視聴率は50.8%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)にまで上った。その年をピークに下落していくが、それでも87年までは30%近い数字を残しており、『NHK紅白歌合戦』と並び国民的行事と呼ぶにふさわしい大みそかのイベントだった。だが、当時から大賞受賞曲の選定について疑惑は湧き上っていた。

    「87年、近藤真彦が『愚か者』で大賞になっていますが、オリコン年間ランキングは35位。前年に『DESIRE -情熱-』、前々年に『ミ・アモーレ』と2年連続で受賞した中森明菜の両曲は、共に同2位。80年代の大賞獲得者で年間ベスト30に入っていない曲は『愚か者』だけで、ほとんどの受賞曲は年間ベスト10以内です。たしかにこの時代は歌番組全盛で、オリコン順位だけで曲の人気を図れるものではありませんが、明確に売上で劣っている曲がレコード大賞になることに当時、疑問の声が上がりました」(音楽業界関係者)

     視聴者が不信感を抱いたのか、視聴率はこの年を境に大きく下落していく。88年に21.7%、そして89年には14%にまで落ち込んでしまう。

    「この年のレコード大賞は、6月に亡くなった美空ひばりの受賞が確実視されていたが、土壇場で情勢が動き、アイドルユニットのウインクが大賞に輝きました。この年に大ブレイクしたので不可思議とまではいえませんが、美空ひばりという日本歌謡界の功労者を退けての受賞は多くの国民が喜べるものではありませんでした。ウインク本人たちも『本当に私たちなの?』と驚いていたほどです。タレント本人たちはある意味、被害者ですよ。70年代から大賞をめぐって金銭が動いているという疑惑はありましたが、この年からレコード大賞に対する世間の目が厳しくなったのは事実です」(同)

    ●低下する視聴率

     紅白出場やレコード大賞受賞は、その後の楽曲売上や営業などに大きく影響するため、是が非でも獲得したい地位だった。80年代は演歌や歌謡曲、ニューミュージックがチャートを争っていたが、90年代に入ると演歌は衰退し、オリコン売上で上位にランクインすることがほぼなくなる。その動きを見越してか、90年から3年間は「演歌部門」と「ポップス部門」に分かれる異例の措置が取られた。

     93年から元通り一本化されたが、疑惑が一般的に取り沙汰されるようになったなかで、94年の大賞受賞者であるMr.Childrenは授賞式を欠席。90年代半ばは音楽業界も活況を取り戻し、レコード大賞の視聴率も微増していった。

     しかし、2000年代に入ると数字は下がり、05年には10%とあとわずかで1ケタの危機に。『紅白』との被りを避けるため、翌年から開催を1日前倒ししたことで、視聴率はやや回復していった。そこに、今回の報道が飛び込んできた。

    「視聴者は不正に敏感です。2年連続受賞の三代目の曲は、共に大賞を受賞するほどのヒットには至っていません。オリコン年間ランキングでいえば、14年の『R.Y.U.S.E.I.』は30位、15年の『Unfair World』は31位。そんな曲が大賞を取れば、誰だっておかしいと疑い興味を失う。そのため、昨年は放送日を前倒しして以降、最低の視聴率になったのでしょう」(同)

     今回の報道を受けて、インターネット上では「やっぱり」という反応が多数を占めている。三代目以上にヒットした曲が多数ある中なかでの受賞では、疑いの声が出て当然だろう。それを理解できない芸能界の体質は、末期的症状ではないだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161027-00010006-bjournal-ent
    CXedIUOUsAAn3C4


    0920f812ca0019443e6cb99884c01ea7

    動画



    86 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 05:38:22.84 ID:ID:7vr50dGp0.net
    >>1
    なにを今更w
    2 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 02:39:53.26 ID:ID:clcrjnW80.net
    近藤真彦w



    【レコ大、近藤真彦はオリコン35位でも大賞「疑惑の受賞」続出の歴史…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 07:09:36.60 ID:ID:CAP_USER9.net
    イントロから5分15秒後、ファンは言葉を失った──。15年ぶりに再結成した「ザ・イエロー・モンキー」をライブのゲストに迎えた
    10月17日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)。イエモンとSMAPの5人で、『バラ色の日々』『ALRIGHT』を熱唱した。

    話題のシーンは『ALRIGHT』の最中、黒いオーバーの裾をまくり上げた香取慎吾(39才)にカメラが寄ったときのことだった。

    「マイクを持つ香取くんの左手に、星のマークがかたどられたシルバーのバングルがつけられていたんです。
    一瞬、呼吸が止まりました。私だけじゃありません。きっと、多くのSMAPファンが同じ衝撃を受けていたはずです」(40代女性ファン)

    この日、香取がつけていたのは、『コディ サンダーソン』のバングル。完全ハンドメイドで、
    最低でも10万円以上という同品は、ファンの間で“木村拓哉(43才)のお気に入り”として知られていた。

    「木村くんはテレビや雑誌で何度もコディのバングルをつけて登場しています。
    まさか香取くんも同じものをつけてテレビに出るなんて! しかも香取くん、曲の途中でわざわざバングルをつけた左手にマイクを持ち替えたんですよ」(30代女性ファン)

    今年8月のSMAP解散発表後、木村と香取の不仲説が盛んに報じられた。
    分裂騒動後、事務所を退社した女性マネジャーを誰より慕っていた香取が、ひとり事務所残留を決めた木村へのわだかまりを強め、両者の関係は修復不可能とまでいわれた。

    その香取が、木村とお揃いのバングルをつけてテレビに出演する──。
    放送後、ネット上には興奮冷めやらぬSMAPファンの声で溢れた。

    《マジで鳥肌。涙出てきた》
    《不仲説を否定したいっていう、画面を通じての意思表示でしょ!》
    《和解からの解散回避、あるんじゃない!?》

    SMAPの解散まであと2か月あまり。目下の注目は、大晦日の「ラストステージ」開催の可否に集まっている。
    メンバーと親交のある明石家さんま(61才)も、15日放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)でこう話した。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161028-00000010-pseven-ent
    NEWS ポストセブン 10/28(金) 7:00配信
    0c25cc7603565d

     動画


     
    2 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 07:10:01.85 ID:ID:CAP_USER9.net
    「紅白に出るのか出ないのか。おれもすごく気になる。事務所としては“紅白に出します”ってことで12月31日にしたんやと思う。
    でも本人たちの気持ちの整理がまだつかんのとちゃうか。
    あと2か月あるから、事務所がなんとか説得するとは思うけどね」

    現在、NHKでは「SMAPを必ず出せ」という籾井勝人会長(73才)の大号令のもと、
    スタッフが全力で交渉しており、木村と中居正広(44才)は出場に前向きだとされている。

    「稲垣さんと草なぎさんは、“みんなが決めたなら”というスタンス。香取さんが拒んでいた。
    そもそも解散自体、香取さんが頑なに主張したことがきっかけだといわれています。
    香取・木村ラインが修復すれば、奇跡が起きる可能性は充分にある。ファンならずとも期待してしまいます」(芸能関係者)

    ※女性セブン2016年11月10日号



    【香取慎吾が「木村のお気に入りアクセ」奇跡の紅白もあるか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 14:58:25.532 ID:ID:QhD2XlNZ0.net
    なんだよこれどうなってんだよ…
    0f6388ce

    39 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 16:44:50.300 ID:ID:g4ZDphrr0.net
    >>1
    この程度ならまだマシ
    顔デカ短足は問題外
    19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/19(水) 15:12:02.877 ID:ID:l1h08yDt0.net
    板野の口やば過ぎwwwww



    【板野友美の口がヤバ過ぎwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/26(水) 11:54:41.78 ID:ID:x/1NZQd7a.net

    2 : 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/26(水) 11:55:58.65 ID:ID:mVcDeFI70.net
    ぜってータレントだわ



    【テレビインタビューに出てた超ガッキーに似てる美女www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 06:35:12.55 ID:ID:CAP_USER*.net
    慶事はもちろん、しばしば離別さえも商売にするのが芸能界である。
    平幹二朗(82)と佐久間良子(77)が開いた「離婚会見」もそんなしたたかさを窺わせる一幕だった。
    ところが、待ち構える記者たちに綺麗ごとは通用しない。質問が飛んだのは、佐久間の「男関係」、そして何より平の、「男関係」だったのである。

     ***

    会見が開かれたのは1984年の5月28日、東京會舘に用意されたテーブルには花まで飾られ、妙な空気が場を覆っていた。
    満場の記者たちが固唾をのむ中、平と佐久間が現れる。

    人気俳優の2人が結婚したのは70年。テレビでの共演をきっかけに付き合うようになり、大物カップルの結婚と大いに持てはやされた。
    夫妻は双子をもうけ、順風満帆のように見えたが、どうしたことか、ずっと仮面夫婦の噂が絶えなかったのである。

    後に明らかになるが、14年の結婚生活のうち、円満だったのは、最初の3分の1ほど。
    74年、平が渋谷に買ったマンションを生活の場にするようになると、2人は事実上の別居生活に入る。

    平には以前から“男の噂”があった。男性と手を繋いで歩いたり、好みの男優とずっと籠りっきりになるなどの目撃談も絶えず、
    沖雅也が自殺した際には、弔問に訪れ「胡蝶蘭のような人でした……」と取り乱したりもした。

    「私が蜷川幸雄の稽古を取材したときも平が若い俳優の体をコチョコチョくすぐってじゃれていた。
    蜷川さんは“そんなことするから噂になっちゃうんだよ”って笑っていたけど、なるほどと思ったものです」(芸能レポーターの須藤甚一郎氏)

    やがて、佐久間にも男の噂が立つ。80年に『未亡人』(毎日放送)に出演したのがきっかけで、番組制作会社のプロデューサーとの親密な関係が報じられたのだ。

    「だから」と前出の須藤氏が言う。

    「会見が始まる前、芸能レポーターの梨元勝さんと“夫婦揃って男問題を抱えているんだから、聞かないわけにはいかないよな!”なんて意気込んでいたのです」

    手ぐすね引いて待ち構える芸能記者たち。だが、平と佐久間は当代きっての“名役者”である。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160310-00506455-shincho-ent
    デイリー新潮 3月10日(木)5時15分配信

    https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQbWM5EmDvlXG--Wi8ZpX-t0tp6pCPiteV2AeIT3bAE1IJ5Tuhj
    c33f535a

    89 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 17:46:05.77 ID:ID:DoobyIsG0.net
    >>1
    >>佐久間は独身時代、鶴田浩二と不倫関係にあったことを明かし

    鶴田浩二も両刀使い。
    若いころ、映画プロデューサーの寵児を受けていた。
    2 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 06:35:41.67 ID:ID:CAP_USER*.net
    ■「僕がお答えするより…」

    「原因は、彼女も仕事を大事にする人で生活のずれがあったことです。
    性格が合わなかったこともあって、それが14年間積み重なってしまった」

    そう平が言えば、

    「母と女優と妻の三役を全うできなかったのです。不器用な女なので、全力投球すると物理的に妻の役は無理でした」

    と応じる佐久間。まるで傷をかばい合う夫婦である。プロデューサーとの不倫を突っ込まれてもしれっと否定する佐久間。
    たまらず、「それでは平さんの男性問題なんですが!?」と質問が飛んだ。

    「僕がお答えするより、彼女に……」

    と余裕の笑みを返す平に、佐久間も合いの手を入れる。

    「そんなことはまったくありません」

    芸能レポーターの石川敏男氏が振り返る。

    「我々もあきらめず、手を替え品を替え質問を繰り返したのですが、はぐらかすばかり。あくまで“円満に別れました”と言いたいための場だったというわけです」

    途中、握手を求める平を佐久間が無視するという一幕もあったが、記者からすればまったくもって不満の残る会見だったのである。

    以後、2人が別れた理由はうやむやになってしまうのだが、会見と前後して出版された一冊の本が話題になる。
    ゲイタウン・新宿2丁目に棲息する芸能人たちの痴態を暴いた『虚飾の海』(恒友出版)だ。
    著者は芸能プロダクションのマネージャーをしていた星伸司氏という人物。そこにはこんな一節がある。

    〈M・Hも、いつも二人連れでやって来る。M・Hは人気のある俳優だ。(中略)新劇の研究生らしい、青白い肌をした若者。
    スポーツをやるしか能のないような、大男の学生。どこかで拾って来た、という表現がピッタリの、労務者風の中年男。
    というふうに、タイプも年齢も千差万別の男たちを相手にしている。その頃M・Hはテレビの時代物に出演中で、次第に人気が出始めていた〉

    著者はM・Hが誰であるか明かしていない。だが、平が新宿2丁目の常連であったことを後のインタビューで証言している。

    それから、四半世紀を過ぎた12年2月、日経新聞「私の履歴書」で、佐久間は独身時代、鶴田浩二と不倫関係にあったことを明かし、平との離婚についても触れている。

    〈「結婚してから初めて分かった」ということも少なくはなかった〉

     彼女が明かした精一杯の「告白」だった。

    「特別ワイド 迷宮60年の最終判決」より

    「週刊新潮」2016年3月10日号 掲載
    91 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 18:06:54.08 ID:ID:kFNEWd3w0.net
    >>2
    > 四半世紀を過ぎた12年2月、日経新聞「私の履歴書」で、佐久間は独身時代、鶴田浩二と不倫関係に

    リアルタイムで読んでたけどすごい前だった気がする。平成12年だったのかな。
    のちに平がインタビューで語ってたけど鶴田浩二先輩と佐久間良子さんの事は知ってたらしい。

    ただ交際中も結婚している間も、そのことについて話したことは無かったので、
    馴れ初めを日経新聞で読んで驚いたらしい。

    女優(佐久間)が嫌われているんじゃないかと不安になるぐらい冷たくしておいてから一気にいくみたいな
    b6a3bde1

    fd95d2cb


    【急死した平幹二朗と元嫁・佐久間良子の離婚原因やばい…】の続きを読む

    このページのトップヘ