カテゴリ:芸能

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : ストラト ★@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 21:23:08.86 ID:ID:CAP_USER9.net
    俳優の中野英雄(52)が18日、TOKYO MX「5時に夢中!」に生出演し、現在の芸能界最強は俳優の本宮泰風(45)だと認定した。

    武闘派のイメージが強い中野だが、最近は「そんなに強くないので、若くて動ける時はやりますけど。やられると逆にかっこ悪いので」といった理由で、暴れないという。

    そんな中野は、「ホントに今現在で強いと思うのは本宮泰風」と断言。
    「レベルが全然違います。やっぱ格闘家だったんで余計ですよね。ガタイも大きい(身長185センチ)ですし」と理由を説明した。

    本宮は司会の俳優・原田龍二(46)の実弟。
    中野が「兄貴とケンカしたことないのか?」と聞いたところ、本宮は「ウチの兄貴は(自分とケンカするほど)バカじゃないすから」とクールに答えたという。

    アシスタントのミッツ・マングローブ(42)は「そんな冷静になれる人が松本明子と結婚しましたからね」とツッコミ。
    中野は「あんな不思議な夫婦ないですよ!家遊びに行ったら最高に面白い」と証言していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000087-dal-ent

    本宮泰風

    中野英雄
    20170818-00000087-dal-000-4-view


    【ケンカで現在の芸能界最強は?中野英雄が本宮泰風と断言「レベルが全然違う」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 10:16:36.95 ID:ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000032-sph-ent
    スポーツ報知
    20170818-00000032-sph-000-1-view

     17日に放送された女優・真木よう子(34)主演のフジテレビ系ドラマ「セシルのもくろみ」(木曜・後10時)の第6話の平均視聴率が3・7%だったことが18日、分かった。第5話の3・8%から0・1ポイント微減し、同ドラマの最低記録を更新した。

     唯川恵さんの同名小説を原作にファッション業界を舞台に女性たちのリアルな物語を描く作品。真木が演じるのは、優しい夫と優秀な息子と幸せに暮らす専業主婦の奈央。友人に誘われ軽い気持ちで応募した、女性誌「ヴァニティ」の読者モデルに合格したことから、徐々に生活が変っていくというストーリーだ。

     初回は5・1%でスタート。主演の真木はツイッターでドラマのPRを連日展開し、第1話放送後には「私は悲しいんでません。 むしろ更に燃えて来ました。大体、伝説のドラマとはこうして始まり右肩上がりで、最終話の予想だにしないラストを迎えるのです。 皆様の助け。欲しがります負けたって。 宜しくお願い致します」とツイートしていた。

     しかし第2話で4・5%にダウン。第3話4・8%、第4話4・4%、第5話3・8%、そして今回と推移している。真木は17日にツイッターに同ドラマが打ち切り危機に陥っていると報じた記事を貼り付けた上で、「向かい風上等よ!!!!」とつぶやいていた。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。
    【真木よう子「セシルのもくろみ」視聴率ワースト更新・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    d048ca31-2810-4804-9fea-2ae2dbadf8af-300x262



    1 : きゅう ★@\(^o^)/ 2017/08/19(土) 06:39:28.69 ID:ID:CAP_USER9.net

    歌手の森昌子(58)が18日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(土曜・後9時)に出演し、長男で人気ロックバンド「ONE OK ROCK」Taka(29)の反抗期を語りスタジオから悲鳴が起きた。

     番組では森の「スパルタ子育て」を紹介。反抗期の時の対応を問われると。「もちろん反抗期はありました。突然、中学の終わりぐらいかな、今まで母さんとかお母さんって呼んでたのが、“あの”とか“ちょっと”とかって『何?あのとかちょっとって。誰にいってんだよ』って負けちゃ行けないんです」とTakaの反抗期を暴露した。

     さらに向かってくる長男に対しての対応法として、包丁を出して「お前を殺して、母さんも死ぬ」と言ったエピソードに、「まー、小っちゃいペティーナイフですけどね」と笑いを誘い。「それぐらい本気なんです。子供に胸ぐらつかまれたりしましたよ」と打ち明けるとスタジオからは悲鳴が起きた。なおも話を続け「(胸ぐらをつかまれ)『母さん殴れるのかお前』って言うと、わなわなしてくる。そのうちに平手打ち。そうすると『分かったよ』ってなる」とスパルタ子育て秘話を披露した。


    https://news.infoseek.co.jp/article/20170818hochi171/
    【森昌子スパルタ子育て、反抗期の長男・ワンオクTakaに包丁出して…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : Egg ★@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 21:14:23.82 ID:ID:CAP_USER9.net
     元SPEEDの上原多香子(34)が出演していた舞台「『のど自慢』~上を向いて歩こう~」が18日の公演をもって千秋楽を迎える。

    終演後は帰京するため向かうとみられる名古屋駅まで、マスコミでごった返すことが予想されるが、この一幕をもって上原は表舞台から姿を消すとみられている。

    しかし、関係者によると「来週以降も各週刊誌では上原多香子に関する続報が載る予定」だという。

     第一報となるスクープを放ったのは、10日発売の『女性セブン』(小学館)だった。上原の元夫でET-KINGのメンバーだったTENNさん(享年35)が2014年に自殺した際の遺書が公開され、そこに妻と俳優・阿部力(35)の不倫を示唆する記述があったことが明らかになったのだ。

    「過去の不倫とはいえ、上原の過ちが事態を重くさせているのは間違いない。記事が出て以降、上原は何のコメントも出していないが、舞台を終えた後は事実上の引退になると見られている」(スポーツ紙記者)

     しかし、マスコミの追及は止みそうになく、特に週刊各誌は続報の準備を進めている模様。そして、関係者の間で特に注目されているのが、いまだ公になっていない“上原の恋愛遍歴”だという。

    「実は上原は、これまで男が途絶えたことがないといっても過言ではなく、多くの芸能人との交際が伝えられてきた。まず16歳当時にDA PUMP・ISSA(38)との半同棲が報じられたのを皮切りに、ロックバンドRIZEのJESSE(37)、子役出身の俳優・山崎裕太(36)を経て、その後は関ジャニ∞の錦戸亮(32)、元KAT-TUNの赤西仁(33)とジャニーズ勢に流れていった。

    今回、不倫を疑われた阿部力にしてもすでに別れており、現在は演出家のコウカズヤ(39)と仲睦まじい様子が写真週刊誌『フライデー』にスクープされている。しかし、これらはあくまで週刊誌が報じた男たちだけで、実際に付き合っていた男性のラインナップはさらに膨れ上がるようです」(芸能プロ関係者)

     そんな上原の恋愛遍歴に、ある大物著名人の名前が浮上している。

    つづく
    写真 

    2017.08.18 19:27 | デイリーニュースオンライン
    http://dailynewsonline.jp/article/1345973/
    【上原多香子の恋愛遍歴に大物文化人の名前が浮上!「もうすぐ裏が取れる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 18:31:56.19 ID:ID:CAP_USER9.net
     ロックバンド・爆風スランプの元ドラマーで、同バンドのヒット曲「Runner」を作曲したファンキー末吉(58)が18日、一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)の事業運営の問題について、文化庁長官に対する上申書を同庁著作権課に提出し、都内で会見を行った。

     会見で末吉は、JASRACがライブハウスに対して「包括契約の契約書だけを送りつけて、どんな曲を演奏しているのか把握することなく、お金だけを集める。それをモニター店でサンプリングして、その結果として分配している」と主張。全てのライブハウスで同様の契約を結び、一部の「モニター店」での演奏実績をもとに全てのライブハウスへの分配を決定しているとした。
     末吉は「私もかなりの数のライブを全国でやっていますが、私の方には全然(著作権料が)入ってこない。モニター店はどこにあるのかと(JASRACに)聞いたら、それは言えないと。自分で、全国で名だたるライブハウスの何百本かのライブを集計しましたが、その中にモニター店は1つもなかった」と現状を説明した。

     また末吉は現在、運営に関与するライブハウス「Live Bar X.Y.Z.→A」ではJASRACの管理楽曲を演奏せず、演奏したい場合は個人で許可を得る仕組みを導入。だがJASRACは、個人からの利用許諾は受け付けられないとしたという。
     この運営に対して末吉は「管理事業法16条」に違反していると主張。実際に大阪高裁で個人の利用許諾をJASRACが拒んだことを同法違反とした判決が下されていることなどから、「文化庁に、調査をして、もしそうだった場合は業務改善命令を出してくれという上申書を提出しました。違法運営があるなら改善命令を出していただいて、改善されるまでは業務停止しなければいけない」と訴えた。
    20170819-00000031-sanspo-000-2-view

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/18/0010473927.shtml
    【ファンキー末吉、JASRACの不適切運営と法律違反を文化庁に上申】の続きを読む

    このページのトップヘ