このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/27(水) 05:35:50.57 ID:CAP_USER9
    2017.9.27 05:04

    超お宝!とんねるず“超異例”2ショットインタビュー タカさん「記憶にないくらい」

     お笑いコンビ、とんねるずが出演するフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜後9・0)が前身番組から数えて今秋で30年目に突入。石橋貴明(55)と木梨憲武(55)がサンケイスポーツの取材に応じた。
    2人でスポーツ紙のインタビューを受けることに石橋は「記憶にないくらい」と“超異例”をアピール。28日放送の30周年記念スペシャルを前に、2人が番組への愛着からお笑い界まで本音を語り尽くした!

     --フジのゴールデン帯では最長寿番組に

     石橋「『世界ふしぎ発見!』(TBS系で86年スタート)の方が長いと思う。俺はあんまり何周年とか意識したことはなくて…。知り合いが銀座や六本木のクラブの“周年”に行かなきゃと言っいるのを聞いて、口説きたい女がいるから“執念”で行くのかと思ったけど、やっぱり周年というのは大事なのか」

     木梨「自分も淡々とこなしてきた。競馬の騎手は金、土曜に調整ルームに入るけど、(収録がある)木、金曜はとんねるずの調整ルームの日」

     --今までのピンチは

     石橋「とんねるずは1年や2年で消えると言われていた。ほぼ毎週、ピンチ。数々の“事件”があったけど、森友学園のように埋めちゃったんですよ~」

     木梨「生放送をやったら、貴明が熱を出して来ないこともあった」

     --豪華ゲストも多数

     石橋「(初期に出演した宮沢)りえは持ってるものが違った。娘がデビューするとか、しないとか。りえママじゃなくて何ママになるの?」

     木梨「カメラに向かって(メークで)鼻血も出してくれて。『鼻血なんてやめて』というのも全くなかった」

     --番組のポリシーは

     石橋「自分たちが楽しい、おもしろいと思うことが大前提。テレビは楽しい遊び場。楽しめなくなったら終わりです」

     木梨「昔はコントやパロディーをしていたけど、最近は作り込むものが少なくなり“アドリブ劇場”の大会みたい」 --変わらない点は

     石橋「スタッフの弁当。昔は知らないヤツがかっぱらいに来た」

     木梨「うちが良すぎて逆に『クイズ・ドレミファドン!』の鮭弁を盗みに行った(笑)」

     石橋「新人だろうとスタジオに入れば全員がプロ。飯ぐらいは同じものを食べて、同じ釜の飯を食ってるんだという意識は常に持っている」

     --人気企画の誕生は

     石橋「『男気ジャンケン』は、会議中にじゃんけんで勝ったヤツがスタバに行ってというところから始まった。『食わず嫌い王決定戦』は一緒に飯を食ってたヤツの嫌いなもので大笑いしたことから。遊んでいるときにヒントがあります」

    >>2以降につづく)


    http://www.sanspo.com/geino/images/20170927/owa17092705040003-p1.jpg
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/images/20170927/owa17092705040003-p2.jpg
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/images/20170927/owa17092705040003-p3.jpg
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/images/20170927/owa17092705040003-p4.jpg
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/images/20170927/owa17092705040003-p5.jpg
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170927/owa17092705040003-n1.html

    2: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/27(水) 05:36:00.38 ID:CAP_USER9
    >>1つづき)

     --30周年特番はタモリ(72)、ビートたけし(70)が出演

     石橋「怪物がいる限り、まだ頑張らなきゃ。萩本欽一さんもタモリさんもたけしさんもみんな死んでくれないと、トップに立てない(笑)」

     --ダウンタウンやウッチャンナンチャンら同年代とは絡まない

     石橋「うまく絡めない(笑)。そういうテクニックがないんです」

     --番組ではバナナマンやおぎやはぎ、みやぞんら後輩芸人が飛躍した

     石橋「出る杭は打たないといけないのに出してやってる(笑)」

     --BPO審査などバラエティーに厳しい時代

     石橋「(影響か)みんな同じになってる。個人競技であり、団体競技じゃない。違うことでお互い勝負しようぜと」

     --今後の目標は

     石橋「もう目標はない。『フジテレビ、やっぱりおもしれえな』と言われるように、自分たちの持ち場でしっかりやります」

     木梨「とんねるずっぽくこのままやっていきたいです」

     石橋「こんなに話してるけど、安室(奈美恵)ちゃんの引退みたいなことが起きたら(記事が)小さくなる。安室ちゃんにはまた出てほしい。『食わず嫌い-』に出てくれたよね」

     木梨「今度はやってくれないかも(笑)」

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    【【とんねるず】超お宝!?とんねるず“超異例”2ショットインタビュー タカさん「とんねるずは1年で消えると言われていた」 「同年代の芸人とはうまく絡めない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/28(木) 00:58:51.69 ID:CAP_USER9
    キャリコネ編集部
    アニメ「けものフレンズ」のたつき監督がツイッター上で、同アニメの続編に関与しないことを発表してから2日。製作委員会は27日未明、本騒動について声明を発表したが、その内容に首を傾げる人や矛盾を指摘する声も多い。
    声明には具体的な情報が乏しく、ファンが納得するには不十分

    製作委員会の声明では、製作を担当していたヤオヨロズが「関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用」をしたため、委員会側が「情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れ」をしたが、同社は拒否し、8月初めに「条件は受け入れられないので辞退したい」との申し出をしてきたと記載されている。
    アニメ放送終了後の主な動きで作品利用と思しきものには、たつき監督の自主製作でニコニコ動画とユーチューブで公開された12.1話、コミケやコミティアでの監督による同人グッズ販売、JRAや日清との企業コラボ動画がある。しかし声明では、事前連絡や情報共有がないままでの作品利用がこのうちのどれを指すのか、もしくはこれ以外にあるのか等、具体的な内容には一切触れられていない。

    また、8月に製作会社が辞退の申し入れをしたことが事実なら、なぜ今になってたつき監督が発表したのか、これまで監督には知らされていなかったのかなどの疑問が残る。
    キャリコネニュースでは、ヤオヨロズとその関連会社で製作委員会にも入っているジャストプロ双方に、こうした疑問について取材を試みたが、両社とも担当者不在で、「明日以降いつ戻ってくるか分からない状況」との返答だった。
    アニメのシリーズ構成、脚本等も勤め、功労が大きかったたつき監督の降板を知ったファンの中には、心情的に監督の味方をしたくなる人も多い。委員会から発表された声明に、監督の降板に至った経緯や背景に関して充分な説明がなかったことが、本騒動を長引かせている一因になっている。

    KADOKAWAの担当者は、同社がたつき監督を解任したという見方を否定

    騒動の発端となった9月25日のたつき監督の呟きでは、「ざっくりカドカワ(原文ママ)さん方面よりのお達しみたいです。すみません、僕もとても残念です」とKADOKAWAの関与を匂わせていた。同社も製作委員会に名を連ねている。ネットではここから、「KADOKAWA悪の親玉説」が流れ、一時は同社のウィキペディアが荒らされる事態にも発展した。
    しかし、同社の広報担当者はキャリコネニュースの取材に対し「KADOKAWA側から個別に連絡をしたわけではない」と、一部で広がる

    「KADOKAWAが監督を解任させた」という噂を否定した。同社として公式な場で発表する予定はないという。
    アニメの続編で製作会社が変わる例は過去にもあり、珍しいことではない。ただ、「けものフレンズ」に関しては、たつき監督が関わらないとなると地続きの作品として受け入れがたく感じるファンも出てくると見られる。今作と同程度の盛り上がりを見せるかどうか、疑問視する声もある。
    委員会は、製作会社やたつき監督と断交したとは明言していない。今後、決定が覆る可能性もゼロではないのかもしれないが、確率は高くないだろう。いずれにしても、関係各所が詳細な説明をしない限り、騒動が収まるのは当分先のことになりそうだ。
    1

    https://news.careerconnection.jp/?p=41081

    【【けもフレ】たつき監督解任騒動、製作委員会の公式声明発表後も残る謎】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/27(水) 10:08:29.93 ID:CAP_USER9
    衆議院の上西小百合議員(34)が27日、自身のツイッターを更新し、元宮崎県知事の東国原英夫氏(59)を痛烈に批判した。

    上西氏は、このほど、次期衆院選の不出馬を表明した。
    この行動について東国原氏が自身のツイッターで「それもしない。「タレントにはならない」「次の選挙には必ず出る」「一生政治家」。これらは政治家として発言した言葉。政治家として、人間として全く信用出来ない事が明白になった。まぁ、国会をズル休みした時くらいから明白でしたけどね」などと批判した。

    この日、上西氏は、この東国原氏のツイートをリツイートし「うるせえ!ずる休みしてない事はハッキリしてんのに。私に完膚なきまでに叩きのめされても、この軽口」と猛烈に反論した

    その上で「タレントって馬鹿でもできるのかしら。そんなに楽な仕事ならなろうかな」とツイートし今後、タレントへの転身を視野に入れていることをほのめかしていた。

    http://news.livedoor.com/topics/detail/13668925/

    うえにし小百合(上西小百合) @uenishi_sayuri

    うるせえ!ずる休みしてない事はハッキリしてんのに。私に完膚なきまでに叩きのめされても、この軽口。タレントって馬鹿でもできるのかしら。そんなに楽な仕事ならなろうかな。
    http://twitter.com/uenishi_sayuri/status/912805172513931264

    上西小百合議員
    http://daily.c.yimg.jp/gossip/2017/09/25/Images/d_10586482.jpg
    no title

    【【炎上芸人】上西小百合、東国原氏の正論ツイートに「うるせえ!」「タレントって馬鹿でもできるのかしら」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/27(水) 20:21:43.62 ID:CAP_USER9
    「私も昔はアイドルに夢中になっていたので気持ちはよくわかるんです。でも、今の若いコたちって、あまりにも周りを見ていないというか、自分さえよければいいのかな、って思ってしまいます……」

     横浜市港北区内に長年住む60代の女性は、すぐそばの横浜アリーナを見上げて嘆いた。9月15日から18日までの4日間、この一帯は無法地帯と化していたという。

     今年で10周年を迎えたジャニーズグループ、Hey! Say! JUMPは次世代を担うアイドルとして期待されている。それゆえに彼らを応援するファンも10代の女性が多数を占めている。

    「もちろん全員がそうではありませんが、コンサート会場内外での一部ファンのマナーが問題視されてきました。そして先日、彼女たちを名指ししたものではないでしょうが、ジャニーズの公式HPで“警告”されたのです」(アイドル誌編集者)

     各所でファンによる問題が起きるたびに注意喚起をしてきたジャニーズ事務所。それでも改善されないマナーに9月13日、《コンサートの開催中止勧告を受けることや、タレントが公共交通機関を利用できなくなる等の最悪のケースも考えられます》と、コンサートができなくなる可能性も示したのだった。

     にもかかわらず、2日後にスタートしたJUMPの横浜アリーナ公演で、またも彼女たちが“やらかした”。

    「(建ったのは)マンションが後だし、コンサートの音は承知で住んでいますよ。でも、外で騒ぐ女の子の声って、高い建物に響いて大きく聞こえるんです。それが昼夜ずっと。ほかの歌手のときはこんなことってないんですよ」(近隣マンションに住む女性)

     確かにコンサート当日は、入場者だけでなく、チケットを持たずに“音漏れ”を聴くファンまでもが会場を取り囲んでいた。特に正面入り口から外周を左手に回った、関係者出入り口に面した裏通りは行き場もないほどに。この付近に立ち並ぶマンション住人にとって、やはりファンの“騒音”は問題となっていた。

     また、近くには保育園や老人介護施設などがあり、子どもたちや高齢者も散歩の際に利用するのだろう。腰をかけられる憩いの広場もあるのだが、

    「それぞれのグループが陣取って応援なのか、声援を送る練習をしては甲高い声で笑いながらみんなして“ヤバい、めっちゃ、ヤバい”って。歩きスマホでうろうろしたり、平気でゴミをその場に捨てて行ったり、怖くて外に子どもを連れていけませんでしたね」(近隣に住む女性

    つづく
    1

    9/27(水) 4:00配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170927-00010682-jprime-ent&p=1

    2: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/27(水) 20:21:54.47 ID:CAP_USER9
    あまりのひどさに警察に通報

     さらに住民を困らせたのが、交通ルールの無視だという。

    「道路を好き勝手に行き来するものだから、車のクラクションが絶えず響いていました。ほかにも路肩に座り込んだり、路上で電話していたり。ちょっと注意しようものなら、うざそうな表情を浮かべてどくんですけど、すぐに違う子が座り込む。正直いって今まででいちばんマナーがひどかったです」(近隣の飲食店店員)

     そしてジャニーズも注意していた“出待ち”行為は、住民にとっても大迷惑な話。JUMPメンバーは裏通りを使って会場を出るのだが、ひと目見ようとファンが関係者口前を占拠していた。

    「それらしい車が出るたびに“ギャー”って、一斉に道路を走って何度も大移動ですよ。あまりのひどさに誰かが通報したんでしょう。何度か警察が来て“道を開けてください”と指導しても、すぐ群がっての繰り返し。もう(ジャニーズは横アリに)来てほしくないね」(近隣に住む男性)

     公演が開催された4日間、近隣住民からいかほどの苦情やクレームが寄せられたのか。港北警察署に確認すると、

    「コンサートに関しての特定はできませんが、駐車などの交通問題に関して寄せられていることは確かです。関連性に不透明なものもあるので具体的な件数は控えますが、“車や人が通りにくい”などの苦情が寄せられています。(実際に現場に出動、指導は)行っています」

     この日、正式にテロ対策として正面入場口の警戒にあたっていた警察官だが、通報によって裏通りなどの巡回も余儀なくされたようだ。

     会場を運営する株式会社横浜アリーナにも話を聞くと、

    「“人が多すぎて何とかしてくれ”という連絡があり主催側に連絡しまして(主催提携の)警備が対応しています」

     一向におさまらぬ出待ちに窮した警備スタッフからは、こんな警告がなされていた。

    「このままでは今後、横浜アリーナでのコンサートはできなくなってしまいます。ほかのグループにも影響します」

     ジャニーズがいう《開催中止勧告》も、あながち大げさなことではなさそうだ。

     10月にはV6の公演を控えている横浜アリーナ。無事に開催されるのだろうか。

    【【ジャニオタ大暴れ】Hey!Say!JUMPファンのマナーが酷すぎて警察に通報!住民に迷惑をかけてもどこ吹く風】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/27(水) 18:49:12.35 ID:CAP_USER9
    やはり、その背景には強大な圧力があったようだ。現地時間9月26日、イタリア紙『ラ・スタンパ』は、テレビ番組出演をドタキャンしたペルージャに所属する俊英FWハン・グァンソンに、「北朝鮮からの指示があった」と報じた。
     
     北朝鮮代表で現在19歳のハンは、昨シーズンにカリアリでセリエAデビューを果たす。同国人が4大リーグでプレーするのは史上初の快挙だった。そして、今シーズンはレンタル先のペルージャで開幕から4試合で5得点(得点ランキングの3位)と活躍。第6節終了時点で、セリエB首位に立つチームの快進撃を牽引している。
     
     注目度が上がっている期待のホープは、9月24日に現地テレビ局『RAI』のサッカー番組『ドメニカ・スポルティーバ』に、ペルージャのマッシミリアーノ・サントパードレ会長とともに出演するはずだった。
     
     しかし、番組にハンの姿はなく、出演をドタキャンしたことが判明。サントパードレ会長は、「申し訳ない。ミラノには来ているんだが、ホテルの部屋に閉じこもっている」と謝罪した。
     
     ハンが北朝鮮代表ということもあって、司会者のリッカルド・クッキ氏は番組内で、「彼が来なかったのは北朝鮮の選手だからということはないのか。北朝鮮出身ということが何かあるとか…」と問い詰めたが、同会長はこれを「あちらからの圧力はまったくない」と否定していた。
     
     結局、最後までハンは姿を見せずに番組は終了。出演拒否の真実は闇に消えたかに思われたが、再び掘り起こしたのがラ・スタンパ紙だった。
     
     真実を探るべく、サントパードレ会長に再度直撃した同紙は、ミラノで出演に備えていたハンに平壌から電話があり、「テレビには出るな」という指示があったというコメントを引き出したのだ。
     
     番組では政治や母国の情勢を問う予定ではないと北朝鮮側に説明しようとしていたというサントパードレ会長は、「あちらとの出演交渉は不可能だった。平壌の担当者はハンとだけしか話を望まなかったからね」と漏らしている。
     
    「ハンの家族はまだ祖国にいる。もし、テレビに出演していたら強制的に帰国させられる危険性もあっただろうし、彼の家族もどうなるかは分からない。北朝鮮政府との関係は緊張化している」
     
     電話を受けた当時のハンの様子について、サントパードレ会長は「怯え、震えていた」と明かし、「とても出演させられなかった」と理由を説明した。
     
     強大な圧力を受けていることがリークされたハン。それがピッチ上のプレーに影響をもたらさないことを祈りたいが……。
     
    9/27(水) 18:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170927-00030439-sdigestw-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170927-00030439-sdigestw-000-3-view.jpg
    no title

    【【サッカー】“北朝鮮の圧力”19歳FWが家族を人質に「テレビに出るな」と指示を受ける】の続きを読む

    このページのトップヘ