このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : ひろし ★@\(^o^)/ 2017/08/09(水) 21:48:46.72 ID:ID:CAP_USER9.net
     AKB48の指原莉乃(24)がMCを務める9日放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました」(水曜・後9時)に出演。セレブな自宅を公開したゲストのタレント・若槻千夏(33)に自分の将来を相談する場面があった。

     第2子出産後、バラエティー番組初出演となった若槻。タレント活動のかたわら設立したファッション会社で人気キャラクター「クマタン」をプロデュースし、起業家としても成功を収めているが、この日は多数のソファーが並ぶ豪邸のリビングを公開した。

     指原が「バラエティーだけで、ここまで行けるのかな?」と思わず聞くと、「バラエティー1本じゃ無理。続けることに意味がある」と若槻。それに対し、指原が「AKB卒業したら、バラエティーだけでやっていきたいんです」と思わず告白するシーンもあった。
    20170809-00000175-sph-000-4-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00000175-sph-ent
    【指原莉乃、本音激白wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2017/08/12(土) 14:38:20.66 ID:ID:CAP_USER9.net
    元NMB48の門脇佳奈子(20)が12日、読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」に出演。
    人気お笑いコンビ「トレンディエンジェル」のたかし(31)から1人きりの楽屋で鍵を閉められ「LINEを教えて」と詰め寄られたことを明かした。

    門脇は2016年2月にNMB48を卒業した。その直後に、1人でいる楽屋にたかしが入ってきて、内側から施錠。
    「もういいでしょ?NMBやめたから」と、LINEを教えて欲しいと言われたという。

    本当は「教えたくなかったんですけど…」と門脇。
    だが「(鍵をかけられ)怖いし、教えちゃったんです」とアイドル好きのたかしの暴走を振り返った。

    この暴露話にMCの今田耕司も仰天。「なかなかこれもんの話やで」と両手を前に突き出し、お縄になったようなポーズをしていた。
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/12/0010456308.shtml

    20170812-00000049-dal-000-4-view
    【トレエンたかし、アイドル楽屋に入り込み施錠 「LINEを教えて」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2017/08/12(土) 12:34:20.80 ID:ID:CAP_USER9.net
    さもありなんだが、ゲス不倫が問題視される世の中である以上、触れないわけにはいかないだろう。
    お笑いコンビ「雨上がり決死隊」宮迫博之が9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)でモデルの小山ひかるら複数人との不倫疑惑が報じられた。

    文春記者の直撃取材に、宮迫は動揺し、潔白を主張するはずが「オフホワイトです」と回答。
    もともと宮迫は大の女好きで知られ、浮気現場を撮られたのは6年ぶり3回目。

    「そのまま不倫甲子園にでも行ってろ!」と言いたくもなるが、このところの芸能界は不倫発覚→謝罪→仕事減少のサイクルが定着しているため無視できない。
    8日にはマスコミ各社から吉本興業の広報担当者に問い合わせが殺到。
    担当者は半ば呆れ気味に「(とにかく明るい)安村、もしくは今井絵理子と一緒や。女とホテルには行ったけど、一線は超えていない」と答えたという。

    スポーツ紙記者は「今回は俳優やタレントではなく、芸人、それも常習の宮迫ということで、何とかなると楽観視しているんですよねぇ。
    いまの時代はSNSで情報が拡散され、番組スポンサーに電話で苦情が寄せられ、そのまま仕事がなくなるケースもある。
    油断大敵だと思うのですが…」と話す。

    直近の大きな仕事は今月26~27日放送の日本テレビ「24時間テレビ」。
    宮迫はスペシャルサポーターで出演予定で、すでに収録済みの企画もある。

    テレビ関係者によると「バラエティー番組と違い、24時間テレビは出演者のイメージが重要。
    不倫疑惑が大々的に報じられた時点で、スポンサーから『宮迫は出さないでほしい』と嘆願が出されてもおかしくありません」という。

    そんな宮迫だが、意気消沈も束の間、犯人探しにやっきになっているという。
    お笑い関係者の証言。「以前、週刊誌で先輩・松本人志さんも交えた合コン現場の写真を撮られた時、宮迫さんは女性陣が雑誌に情報をリークしたと思いこみ、執拗に電話で恫喝したそうです。
    今回も文春の記事を読む限り、相手の小山さんが疑われているでしょう」

    宮迫はドSで、過去に“関係”を持った女性によると「玄関に入って2秒で体をまさぐってきた」というエピソードもあるほど。
    怒りが頂点に達すると、モノを破壊するクセもある。

    そんな男が不倫疑惑を経ても平然とテレビに出続けられるのかどうか……、
    今後の成り行きが気になるところである。

    http://tocana.jp/2017/08/post_14123_entry.html
    【不倫騒動の宮迫博之と過去に“関係”を持った女性「玄関入って2秒で脱がされ…」 明らかになるドS素顔にスポンサーも激怒か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : trick ★@\(^o^)/ 2017/08/12(土) 14:12:17.40 ID:ID:CAP_USER9.net
    「一生苦しんでください」 上原多香子との不倫が報じられた「阿部力」のインスタが大炎上 (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000004-jct-ent
    8/12(土) 13:32配信


     SPEEDのメンバーで女優の上原多香子さん(34)さんと、W不倫が報じられた、俳優の阿部力(つよし)さん (35)のインスタグラムが炎上中だ。

     阿部さんのインスタは2017年8月7日を最後に更新が止まっているが、4月5日投稿分から約35回にわたってさかのぼる形で「人として最低ですね」「ひどすぎる」など、非難の言葉が書きこまれている。

    ■LINEで不倫に気づき、1か月後に自殺?

     上原さんは、ヒップホップグループ「ET-KING」のTENNさん(享年35)と2012年8月に結婚。すぐにTENNさんの地元・大阪に移り住んだが、2014年にTENNさんは、自宅マンションの駐車場に停めた車内で首をつって命を絶った。

     17年8月10日発売の「女性セブン」8月24・31日合併号によると、TENNさんの死後から3年、実弟によって、TEENさんの遺書が公開された。

     その内容は、自分が子どもができない体であることや、それに対する謝罪。そして、これからは阿部さんと一緒に幸せになってほしい――といった、婚姻中から上原さんと阿部さんが不倫関係にあったことをにおわせるものだった。

     TENNさんは、上原さんのスマホを見て、LINEのやりとりから2人の不倫に気づき、それから約1か月後に上記のような遺書を残し、命を絶った、と報じられている。

     「女性セブン」に掲載された2人のLINEのやりとりには、愛を確かめ合う内容や、2人で子どもを作る計画が交わされていた。

     阿部さんは、中国出身の俳優で、17歳のときに日本国籍を取得。嵐の松本潤さんや小栗旬さんらと出演した05年のドラマ「花より男子」(TBS系)で一躍人気者になった。公式ブログによると、09年に中国人の女優と結婚している。

     2人のLINEでは、上原さんは阿部さんの中国名・李冬冬(リ・ドンドン)にちなみ「トントン」、阿部さんが「たかちゃん、たー」と呼び合っていた。



    「最低すぎるよトントンさん」
     報道直後から、阿部さんのインスタは荒れ始め、過去の出演ドラマの告知や、趣味のバイク、愛犬の写真にまで、非難の言葉は書き込まれるようになった。

     最新の投稿は、「中国、天津に住む視覚障害者の日本人女性」(8月7日)という、動画を紹介したものだが、コメント欄を見ると、

      「自殺まで追い込まれる気持ちわかんのか?」「私は不倫した芸能人が大嫌いなのですが ここ最近の不倫報道の中で一番最低最悪だと思います」「一生苦しんでください」「最低な女とゲスなことして、何が楽しいの?」「ホントに許せねーよお前」「トントンとのフィット感って」「最低すぎるよトントンさん」「今回の件が発覚するまでの間、こんな写真載せながら何事もなく過ごしてたのが本当に信じられない」

    など、上原さんと阿部さんの行動を非難する声で「炎上状態」だ。日本語以外に中国語でも「くそやろう」「人殺し」といった意味の言葉が書き込まれている。

     阿部さんは沈黙を守ったままだが、上原さんは8月12日、自らが出演する音楽喜劇「のど自慢~上を向いて歩こう~」の名古屋公演が初日を迎えており、何らかのコメントを出すか注目されている。
    【上原多香子との不倫が報じられた阿部力のインスタが大炎上!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/08/12(土) 06:34:25.86 ID:ID:CAP_USER9.net
    https://www.j-cast.com/2017/08/11305723.html?p=all
    news_20170811164334-thumb-645xauto-119073

    不倫疑惑を報じられたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(47)がバラエティー番組「バイキング」で報道について釈明した。番組で話した内容に、ツイッター上では「美談に持ってこうとしてるのあざとい」と反感を買っている。

    女性をホテルに誘った事実を認めつつ、「嫁にも全部言いました」。その後の夫人の対応のおかげで、「不倫話」がいつの間にか美談になっていると受け止められているようだ。

    「魔が差しまくった」が3度とも断られ...

    宮迫さんは2017年8月11日、金曜レギュラーの「バイキング」に生出演し、9日発売の「週刊文春」(17・24日合併号)による2人の女性と交互に3度ホテル泊をしたとの報道について、「事実です」と認めた。酒席を共にした帰り、「魔が差しまくった」と女性をホテルに誘い、同宿したが、行為を求めると「このご時世なので」と3度とも断られたという。また、「向こうが断ってくれただけで、OKを出されていたら一線を越える気持ちがあった。ということは(不貞行為をしたのと)ほぼ同罪なんです」と「白状」した。

    ただ、番組全体の雰囲気は、文春の記事中で身の潔白を問われて宮迫さんが返した「オフホワイト」という表現に注目して「ブリリアントグレー」「漆黒」「アイボリー」と「大喜利」状態になり、時折スタジオは笑いに包まれるなど、ほかの芸能人の不倫を扱った時とは違ったトーンで進行した。

    空気が変わりはじめたのは、宮迫さんが「嫁にも全部言いました」と切り出してから。「ガッツリ話をしました。信じられないくらい怒られました。3日間くらい家の中にいるのが地獄なくらい。僕だけが100%悪いのは当然なので、『ごもっともです』と一生分くらい言いました」とした後、まじめな顔つきで夫婦の会話をこう明かした。

    「こんなことをしてしまったのに、最終的には嫁から『家族だから私が助けるよ』という男前な言葉をいただきました。『処理するのは難しいけど、あんたのがんが再発したとか、子どもが交通事故にあったとか、そんなことに比べたらこんなもん屁みたいなもんや』と言ってもらいました」

    「非常にサムイ」「身内には甘々」

    宮迫さんは2001年に誕生した長男をはじめ子どもが5人おり、12年には胃がんのため切除手術を受けた経験がある。こうした話にスタジオ出演者からは「奥さんすごいですね」「闘病があったから、そういう言葉につながった」と称賛が相次いだ。

    今回の番組出演にあたる夫婦間のやり取りについても、宮迫さんは

    「今日も家を出る前に、『あんたの30年近い芸人としての能力すべてをかけて説明してこい。あんたを応援してくれるファンにも誠意を伝えてこい』と、ケツをたたかれました」
    と明かした。報道された2人の女性とは「一生お会いすることはない」とし、「家族が一番大事だと再認識させられたので、一生かけて守ります。一生かけて償います」と神妙な面持ちで宣言した。

    不倫釈明はこうして終わったが、宮迫さんの話しぶりについて最終的に「美談」のようにまとまったとして、番組を見たツイッターユーザーからは厳しい意見が相次いでいる。

    「はぁ?マジで美談にするなよ。ガッカリだな」
    「美談になっててなんか非常にサムイ」
    「宮迫が奥さんの話して美談に持ってこうとしてるのあざとい」
    「宮迫サイテー 嘘っぽいし闘病話と嫁さんの話おりまぜて美談の流れにしてる グズだな」
    また、同番組ではこれまで不倫報道が出た芸能人を厳しく非難してきたのと比較し、「部外者は散々いじくりまわすくせに、身内には甘々」「斉藤由貴、ベッキーの不倫を連日、時間めいっぱい使って叩きまくったのと同じように宮迫のこと叩かないと、バイキングが番組として叩かれるぞい?」と疑問を呈する向きもあった。宮迫さんには批判的な声が多かったが、「宮迫さんドンマイ」「宮迫良いな~。嫁に恵まれてるやんけ」と温かい投稿も一部であった。
    【宮迫博之の不倫釈明、妻とのエピソードで「美談」に変えた?】の続きを読む

    このページのトップヘ