このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/03(日) 09:18:10.00 ID:ID:CAP_USER9.net
    6月28日放送の『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、女優の奥菜恵(36)と、
    チュートリアルの徳井義実(41)がファンからもらった恐怖のプレゼントについて語る場面が見られた。

    この日は「奥菜恵のミステリーアワー」と題され、幼少期から現在に至るまでのさまざまなプライベートが紹介された。
    高校時代にはすでに絶大な人気があった奥菜は、卒業式で50人の報道陣と100人のファンが学校に押し寄せるというフィーバーぶりだった。
    ファンからのプレゼントも多かったのだが、その中には(男性用の)下着もあったという。
    しかも奥菜いわく「履いたやつだと思うんですけど……付いていたから」と、使用済みのものだったというのだ。

    また、徳井はファンからDVDが送られてきたことがあり、「再生したら、送ってきた女の人が下着姿でベッドの上でポーズしている動画」だったと告白。
    しかも動画は終始無言で、添えられた手紙には徳井への思いが綴られていたことから「動画で言え!」と、送り主にツッコミを入れ奥菜らを笑わせていた。

    「今でこそ事故防止のため、ファンからのプレゼントはタレントに渡す前に、事務所の人間がチェックしていますが、奥菜がアイドルだった頃はまだのんびりした時代。
    ノーチェックで渡していたんでしょうね。今ではありえない話だと思いますよ」(アイドルライター)??人気商売のツライところ!

    http://dailynewsonline.jp/article/1156142/
    2016.07.03 07:00 日刊大衆

    【奥菜恵、ファンから送られた「史上最悪のプレゼント」がヒドイwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2016/07/03(日) 14:44:55.35 ID:ID:CAP_USER9.net

    スポーツ報知 7月3日 14時14分配信

     経歴詐称問題でテレビなどへの出演を自粛しているショーンKは後悔の涙に暮れていた―。
    元フジテレビの長谷川豊アナ(41)が3日放送の読売テレビのバラエティー「クギヅケ!」に出演し、
    「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上氏(48)からのメール内容を披露した。飲み仲間だったという
    長谷川に届いたメールの文言は「(今もつらくて)涙が止まりません」。

     長谷川は「心は折れていますね」と推察しながら「悪い人じゃない。事務所が(学歴を詐称するなど)
    頑張りすぎてしまった」とかばった。ショーンKの現在の行方は知らないという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-00000131-sph-ent
    【ショーンK「涙が止まりません」…飲み仲間の長谷川豊アナがメールを公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/03(日) 11:55:46.05 ID:ID:CAP_USER9.net

    お笑い芸人といえば本来、トークやモノマネなど優れた芸を持っているタレントだ。
    しかし、最近では笑いというよりも失笑を誘う、ポンコツな芸人が人気となっている。
    5月19日放送のバラエティ番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では、「日本語がポンコツな芸人」が特集され、ダチョウ倶楽部の肥後克広(53)、
    出川哲朗(52)、ドランクドラゴンの鈴木拓(40)など、7人のポンコツ芸人が登場し、漢字書き取りテストなどでビックリな回答を連続。
    スタジオは大爆笑で、ネット上でも話題になった。

    その中でも、ポンコツぶりが突出していたのが出川で、外国人が通う日本語学校に彼が潜入するコーナーでは、敬語の授業で逆に外国人から日本語を教わる事態になってしまった。
    出川といえば、他にもポンコツエピソードは数知れず、芸人の伝説をTwitterで収集している、お笑い芸人の東野幸治(48)によると、芸人の名前の言い間違えが多いという。
    板尾創路(52)のことを「板尾ひつじ」、俳優で長年の友人、入江雅人(53)を「リリエ」と発音したり、自身が立ち上げた「劇団シャララ」を、
    「劇団シャララララ」と「ラ」の数を増やしてしまったこともあったそうだ。
    また、彼は物を指したり人を指すとき、中指で指す癖があるのだが、
    なんと、ロケ先のニューヨークでも(卑猥で強烈な侮辱だと受け取られてしまうのに)中指で指し続けていた、という伝説もあるらしい。

    出川と並び立つ、ハイレベルなポンコツが、ダチョウ倶楽部のリーダーである肥後だ。
    お笑い芸人の土田晃之(43)によると、ある飲み会でアニメ映画『崖の上のポニョ』の話題になったとき、肥後が「見たよ」と話題にノッてきて、「プーニョプニョプニョ♪」と歌いだした。
    土田はあえて訂正せず無視したが、「たけのこ♪(正しくは、さかなの子)」と歌い続けたため、我慢できずにツッコんだらしい。
    肥後は土田と有吉弘行(42)から「ヒゴンヌ」というあだ名をつけられおり、その由来は「(タレントの)スザンヌ(29)と同じくらいおバカだから」なんだそうだ。

    また、『アメトーーク!』に出川や肥後とともに出演していた、ドランクドラゴンの鈴木拓も多くのポンコツエピソードを持っている。


    http://dailynewsonline.jp/article/1156266/
    2016.07.03 11:00 日刊大衆
    51 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/07/03(日) 13:33:23.44 ID:ID:wSKwls7L0.net
    浜田雅功も負けないくらいのポンコツやろ
    しかも>>1と同レベルあるいはそれを行く
    【出川哲朗に狩野英孝、ポンコツ芸人たちの壮絶ダメ伝説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/06/30(木) 21:55:39.30 ID:ID:CAP_USER9.net
    6月28日放送の『誰にも話してないんですが、実は……~すべてがリアルなカミングアウト~』(テレビ東京系)に、高橋真麻(34)が出演。自身の個人情報を暴露した。

    この日は、今話題の場所に潜入し、誰にも話していない話を聞く『気になるスポットで聞いた実は……SP』という企画で、
    木下大サーカスや、シェアハウス、24時間預けられる保育園で取材。夜、飲食店の仕事があるために子供を預けているという女性の、
    「出産して10キロ太ったが、あと5キロ痩せたら元に戻るとウソをついている」という告白がスタジオで話題になった。

    博多華丸大吉の博多大吉(45)が、「体重5キロ(サバを読んでいること)は、言えないですか?」と、
    真麻に問いかけると、真麻は「高校生の時とか、ちょっと体重サバ読んでました」と明かした。

    つづけて高橋は「62~3キロなんだけど、58とか(サバを読んでいた)」と体重を発表すると、
    大吉が驚いた様子で「(体重が)60台と50台じゃ大違い?」と聞き返したため、
    高橋は「全然違います。今、54!」と、現在の体重をあっさりと暴露していた。

    「最近、『すっぴん画像』に続いて体重を公開する女性タレントが話題になっています。
    女性にとって隠したいことを、あえてさらすことで、女性ファンの支持を得ることが多いようです」(芸能誌記者)

    言わなくてもいいタイミングで、自らの体重を暴露した高橋真麻。はたして女性ファンの人気は獲得できた?

    http://dailynewsonline.jp/article/1154562/
    2016.06.30 17:00 日刊大衆

    2 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/06/30(木) 21:56:39.22 ID:ID:GfcRO+OW0.net
    (●●)
    【高橋真麻「現在の体重」を、ムダにナチュラルカミングアウトwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/03(日) 10:24:10.60 ID:ID:CAP_USER9.net
    歌手・ファンキー加藤のW不倫騒動で、なぜか一躍男を上げたのが、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣だ。
    元妻が加藤と“W不倫”していたということで、普通の男ならブチ切れるか、あるいはショックで頭が真っ白で固まるか……という状況ながら、
    会見で「相手(加藤)を責めたところで、(加藤にも)奥さんも子どももいるし」と加藤を気遣いながら、
    「加藤ちゃん」を連呼(加藤と柴田はW不倫前から友人関係)。これが、いわゆる“神対応”として、ネットなどで称賛されているのだ。
    これをきっかけに、芸能活動休止→再開を繰り返し、相方・山崎弘也との断絶も続く柴田にとって、
    悲願であったアンタッチャブルの復活への機運が高まっている。

    “W不倫騒動”発覚直後に加藤と元妻を気遣う柴田英嗣「怒って悲しんだけど」

    ◆芸人仲間は柴田の“神対応”に冷ややかな視線

    今年は、初頭から続いたベッキー、乙武洋匡氏といった有名人の不倫騒動から、ショーンK、舛添要一元都知事と続く疑惑事件があったが、
    その事後処理、つまり“謝罪会見”でしくじった結果、問題がこじれたケースが多かった。
    そんななか、今回は被害者側である柴田が、元妻と不倫をした男を快く(?)許すという意外性のある対応をしたことで、ある意味で柴田は“株”を上げ、
    全面的に自分の非を認めて謝罪した加藤も多少イメージダウンを抑えられたという、会見がいい方向に転がった珍しいケースとなっていた。

    「ただ、柴田さんの“神対応”は、芸人仲間からはこれといって評価はされていないんです。
    実際、かつての休業(2010年から1年間)は、柴田さんの浮気が原因であることは周知の事実です。
    今回、爆笑問題の太田(光)さんが、『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で『ファンキー加藤を許したからって、
    (柴田は)それほどほめられたもんじゃない』『自分が先に悪さして、それで(元妻の)気持ちは冷めていた』と発言したのはまだしも、
    普段は太田さんを諫める立場の田中(裕二)さんまでが『好感度上がるもんじゃない。
    あいつのせいでもあるんだよ』などと、太田さん以上に激しく批判していたのが印象的でした。
    有吉(弘行)さんですら『神対応とか言われたのもシャクにさわるけど、どうせ嫁と別れたかったんじゃねーか!』とまで言っています。
    周囲からの“後押し”は、どうやら期待できそうもありませんね」(バラエティ番組制作会社スタッフ)

    そんな芸人仲間からの冷ややかな視線を浴びせられる一方で、追い風も吹いている。
    現在、柴田のレギュラー番組はBSや地方局の競馬番組などが中心だが、
    『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)などキー局バラエティ出演も増えはじめ、
    そのツッコミのキレのよさや、ライオンやゾウと対峙するなど体を張った芸も再評価されつつある。

    ◆“どん底からの復活”ストーリーに乗れるか?

    柴田といえば、休業からの復帰後は、山崎とのアンタッチャブル復活への熱き想いを胸のうちに秘めて個人での活動をスタート。
    売れっ子になった人気者のザキヤマに見合う存在になり、同等の立ち位置に戻ってからコンビ復活を申し出るために、多くは語らずにピンで地道に仕事に向き合っていた。
    その心意気、健気さを知るお笑いファンからは好感を持って受け止められてもいた。

    スキャンダルで評価を落とした過去がある柴田だが、今回の神対応はイメージアップを狙ったというよりも、自分も同類だからこその寛容さがあったのかもしれない。
    そこで見せた人間的な器の大きさも、復帰後のこれまでの活動を振り返ると、柴田の人間性の一部が自然ににじみでている部分がありそうだ。

    少なくとも今回のW倫騒動をきっかけに時流に乗った柴田。そこには世間からの応援の声もあり、それまでと比べて芸人としての格が上がっているようにも見える。
    しかしこの騒動は、あえて言えば“ゲス”な話題で注目されただけに、一歩間違えば本人に跳ね返ってくる可能性もある。
    芸人仲間たちの反応をみても明らかなように、ここで真摯にお笑いに向き合う姿勢を見せられるか、そこで結果を出すことができるかによって、今後の風向きが変わってくるだろう。
    “どん底からの復活”というストーリーは世間の“大好物”でもある。柴田がいま悲願のアンタ復活への大チャンスをつかんでいることは間違いないだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00000376-oric-ent
    オリコン 7月3日(日)8時40分配信

    39 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/07/03(日) 11:21:38.48 ID:ID:RrHhCneh0.net
    >>1
    泥棒が空き巣被害にあったみたいな話だもんな
    【アンタッチャブル復活?柴田、芸人として完全復帰へwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ