このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : Egg ★@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 22:05:44.06 ID:ID:CAP_USER9.net
    10月24日、俳優の平幹二朗が急死したことを受け、出演中だったテレビドラマ「カインとアベル」(フジテレビ系)第2話の冒頭に追悼テロップが表示された。
    代役などを含め、今後の対応については検討中だという。

    「平氏は主人公・山田涼介の祖父として、重要な役所を演じていました。そして2話では、友人と共に酒を飲み交わすシーンなどが放送。
    しかし先日の急死を受け、今回の出演が最後となりました。またフジの発表によると、次回の3話は元々出演予定がなく、4話以降の代役は検討中とのことです」(テレビ誌記者)

    そんな平さん最後の出演作となった「カインとアベル」だが、第2話では別の部分でも、視聴者から大きな注目を集めていたという。

    「同ドラマは番組欄にて『衝撃のラスト2分47秒を見逃すな』というコピーを掲載していました。そのため視聴者の間では、一体どんな展開が待ち受けているのかと、
    放送前はSNSを中心に盛り上がりを見せました。しかしフタを開けてみれば、ラストは主人公が思いを寄せていたヒロインが兄の恋人だったという、
    あらすじや1話を見た人間ならば誰もが知っている情報を提示しただけで終了。

    この期待ハズレな展開には放送後、視聴者から『どこが衝撃なんだよ!?』『詐欺ドラマだ!』『時間を返して』と批判の声が殺到しました」(前出・テレビ誌記者)

    近年、視聴率が低迷している月9ドラマ。それだけに、フジは注目を集めようと今回の宣伝に踏み切ったのかもしれないが、
    結果的にそれが視聴者の反感を買うことになってしまったようだ。

    アサ芸プラス / 2016年10月25日 17時58分
    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_68751/
    sub_visial


    【フジ山田涼介「カインとアベル」衝撃のラストに「時間を返せ」「詐欺ドラマ」と批判殺到!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 07:13:49.49 ID:ID:CAP_USER9.net
    10月17日より放送がスタートした、Hey! Say! JUMPの山田涼介(23)が主演を務める月9ドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)の初回放送の平均視聴率が、
    8.8%であることが18日わかった(ビデオリサーチ調べ・関東地区・以下同)。
    この初回視聴率は、昨年7月に同時間枠で放送された『恋仲』の9.8%を下回り、月9最低視聴率を更新。
    期間平均視聴率が月9最低となった春ドラマ、『ラヴソング』でさえも初回視聴率は10.6%を記録しているだけに、周囲からはこの不調さにため息が聞こえているようだ。

    本作は、旧約聖書の兄弟物語『カインとアベル』が原案で、仕事や恋に悩むヒューマンラブストーリー。
    その中で山田は、兄と比較されて何をやっても認めてもらえない主人公を演じている。

    「夏の月9ドラマ『好きな人がいること』は、恋愛テイストを全面的に押し出したライトなドラマでしたが、今回の月9はこうしたラブストーリー要素を押し出すことはなく、
    骨太さを重視したなストーリーが描かれるようです。
    主演の山田も落ち着いた演技を見せているため、視聴者にもじっくりと良さが浸透していけばいいのですが」(芸能記者)

    山田にとっては、フジテレビのドラマ出演は2008年のスペシャルドラマ『古畑中学生』以来となる。
    同局の中でも花形枠の月9において、序盤からあやしい雲行きでスタートした『カインとアベル』だが、
    キャスティングが非常に難航したという情報が伝えられている。特にヒロイン役に関しては、決定にかなり時間を要したという。

    ■相次ぐスキャンダルでジャニーズとの共演NGの事務所が続出?

    ヒロイン役は当初、戸田恵梨香(28)が演じる予定だったとも言われていたという。
    しかし戸田は現在、情報バラエティ『#ハイ_ポール』(フジテレビ系)内で放送されているショート・ドラマ「タイムパトロールのOL」に出演中だ。

    「このドラマは深夜番組ですが、戸田にとっては馴染みのあるスタッフが制作に関わっています。
    そういうこともあり、今回月9のオファーは断ったと言われていますが、その裏には、ここ最近の月9の低視聴率を意識したのではという声もあります。
    ここで出演して視聴率が芳しくなければ、自身に“低視聴率女優”のレッテルがつきますからね」(前出・芸能記者)

    初回の低視聴率ぶりをみると、もしかすると戸田の判断は賢明だったのかもしれない。
    また、戸田に限らず多数の事務所からオファーを断られた理由には、共演する人物がジャニーズ事務所の山田であったことも大きいようだ。

    「ジャニーズ事務所といえば、現在特にスキャンダルが発覚し週刊誌を賑わせています。
    さらにHey! Say! JUMPは、メンバーの伊野尾慧(26)や、中島裕翔(23)が熱愛スキャンダルをすっぱ抜かれてしまった。
    山田自身も名前こそ出ていませんが、ある報道に関して疑惑の目が向けられています。こうした報道が度重なったことでも、他事務所からのジャニーズの心証を悪くしているようです」(前同)

    ジャニーズ事務所はこれまでスキャンダルが起きると報道機関に圧力をかけ、徹底した火消しが行われていた。
    しかしこうした力も、徐々に弱まりを見せているのかもしれない。

    今後も所属タレントのスキャンダルが続発した場合、ドラマ主演枠を獲得することは困難となりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1214317/
    2016.10.21 07:05 デイリーニュースオンライン
    tumblr_m53eu4pLEN1run480o1_500


    【山田涼介「月9」惨敗の波紋広がる!ジャニーズ”共演NG”が続出?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 20:59:32.21 ID:ID:CAP_USER9.net
    タレントのおかもとまり(26)が25日に放送されたフジテレビ「キテレツ人生!なんでこうなった!?
    消えた芸能人一斉捜査SP」に出演。テレビ出演が激減した理由を語った。

    広末涼子(36)のものまねで人気に火が付き、ピーク時には年間400本以上テレビ出演したおかもとだが、人気は長く続かず。
    福田彩乃(28)らモノマネができる女性タレントが続々と出てきたことで、おかもとの存在感は薄くなっていった。

    その原因を「やっぱり一番は自分の実力のなさ。器用でもなかったし才能もなかったですね」と冷静に分析。
    今後悔していることを問われると「もともとリポーターとかタレント志望だったんですけど、芸人としてデビューしたことですかね」と振り返った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161025-00000132-spnannex-ent
    スポニチアネックス 10月25日(火)20時41分配信
    527646a098aebef2031223bd0a28044a







    【おかもとまり、「芸人としてデビューしたこと」後悔】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 20:43:00.23 ID:ID:CAP_USER9.net
    三原じゅん子参議院議員(52)が3度目の結婚をすることが週刊文春の取材でわかった。
    結婚相手は24歳年下で、三原氏の公設第二秘書でもある中根雄也氏(28)。
    中根氏は昨年4月の藤沢市議選に出馬したが落選していた。

    2人は今年7月の参院選の際、中根氏が三原氏の選挙スタッフを務めたことで急接近。
    8月から交際を始め、9月1日に中根氏が公設第二秘書に就任。同月から横浜市内で同棲をスタートさせていた。

    週刊文春は10月21日にデート中の2人を直撃取材。
    三原氏は「仲良くしている」と交際を認めたが、恋人である中根氏が公設秘書であることはふさわしくないのではと問うと、
    「配偶者じゃないですから」と答え、結婚の可能性についても「まだわかんないです」と答えていた。
    国会議員秘書給与法では配偶者を公設秘書にすることを禁じている。

    ところが、その3日後の24日、三原氏はふたたび週刊文春の電話取材に応じ、一転、「結婚します」と宣言。
    同日付で中根氏が公設第二秘書を辞めた、と話した。今国会が終わったら結婚するという。

    三原氏は90年にレーサーの松永雅博氏と結婚するも99年に離婚。
    同年に4歳下のお笑い芸人・コアラと再婚したが、07年に離婚している。
    その後、11歳下のミュージシャンの山口智之氏と交際し、公設第一秘書にしていたが、内縁関係の男性を公設秘書にしたことを批判され、私設秘書に替えている。

    10月27日発売の週刊文春で、同棲中の2人を撮影した写真とともに詳報する。

    <週刊文春2016年11月3日号『スクープ速報』より>

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161025-00006708-sbunshun-pol
    週刊文春 10月25日(火)20時31分配信




    78 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 20:55:52.83 ID:ID:qG61r8Ps0.net
    >>1
    >1の内容を見ただけでも
    「公私混同」が甚だしいわい!wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



    【三原じゅん子議員が24歳下公設秘書と再婚へ “公私混同”疑惑も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    news_xlarge_iq246

    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/10/24(月) 22:05:18.96 ID:ID:CAP_USER9.net
    織田裕二(48)が主演するドラマ『IQ246?華麗なる事件簿?』(TBS系)の第二話(23日放送)の視聴率が12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と二週連続しての二桁を守った。
    初回放送では織田の作りこんだ独特の演技に「不自然すぎる」などと批判が殺到したものの、心配された視聴者離れはほとんどなかったようだ。
    むしろ、織田の怪演がくせになってきた、といった声も聞こえ始めている。

    ■織田の演技がくせになってくる?

    同作は由緒正しき貴族の末裔である主人公・法門寺沙羅駆(織田)が「IQ246」という天才的な頭脳を武器に難事件を解決していく推理ミステリー。
    第二話では、劇中の人気漫画「キルリスト」になぞられた連続殺人事件の謎を追うという内容だった。そこでも織田の怪演はやけに目立った印象である。

    「織田は往年の海外ドラマ『名探偵ポワロ』を意識しており、日本語吹替版と喋り方がそっくりになっています。
    一方の水谷も『相棒』の杉下右京は『ポワロ』を参考にしている。キャラが被ってしまうのは必然なのですが、
    十数年も続いている『相棒』の後にやれば視聴者が『右京さんソックリ』と感じるのも無理はありません」(芸能関係者)

    そんな織田の怪演だが、沙羅駆の執事・賢正役ディーン・フジオカ(36)の魅力を際立たせるためにも一役買っていると指摘する声もある。

    「同作では、女性人気が高いディーンに派手なアクションやロマンチックな場面を一手に任せており、女性視聴者からすればもはや主役はディーンです。
    しかし、それも織田の怪演があるからこそ対比が面白くなっている。
    第二話目では、ネット上でも『織田の喋り方がくせになってきた』といった声も出始めるなど評価が高まっている印象もあります。
    視聴率好調の要因はこの2人がいかに輝くかにかかっている。
    今のところ、話題性という意味でも織田の怪演は同作の大きな売りにはなっています」(スポーツ紙記者)

    織田の怪演が視聴者に受け入れられるのか、それとも笑いのネタにされてしまうのか。その評価は今後の視聴率にかかっている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1216613/
    2016.10.24 21:05 デイリーニュースオンライン

    動画


    51 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/10/24(月) 22:49:55.36 ID:ID:n0ggaQLz0.net
    >>1
    あーあれはポアロなのか
    分かるわ
    81 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/10/24(月) 23:13:07.14 ID:ID:70Cm+5nO0.net
    >>1
    観てみたくなった
    癖あるほうが味があって好き



    【織田裕二「IQ246」が二週連続で好調の背景】の続きを読む

    このページのトップヘ