このエントリーをはてなブックマークに追加
    o0480048012607318761


    1 : ひろし ★@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 22:24:16.93 ID:ID:CAP_USER9.net
     MBSテレビの特番「よしもと新喜劇 真夏の大感謝祭4時間ぶち抜きSP」(8月20日・後0時54分)で座長・すっちー(44)主演の
    ホラードラマに出演する双子女優の三倉茉奈・佳奈(ともに30)が17日、大阪市天王寺区の安居神社を訪れ、ドラマの成功を祈願した。

     「マナカナ」の愛称でおなじみの姉妹だが、意外にもドラマ共演は2008年のNHK連続テレビ小説「だんだん」以来、7年ぶり。
    「面と向かって演じるのはなんか恥ずかしい」(佳奈)、「なんか照れますね」(茉奈)と顔を見合わせた。

     10歳だった1996年にNHK連続テレビ小説「ふたりっ子」でデビューし、当然のように双子共演を続けてきたマナカナだが、
    今年2月でともに30歳。佳奈が2012年に結婚して1女1男を出産したこともあり、ドラマ共演からは久しく遠ざかっていた。

     「前は一緒にいることが当たり前だったのに、今は1人ずつの仕事が増えて、こうやって2人でいるのが不思議な感じ」と茉奈。
    一部で不仲もささやかれたが「不仲説、解散説もありましたけど、仲良しです。伯母として、めいっ子おいっ子もすごくかわいいです」と笑い飛ばした。

     特番は新喜劇、バラエティー企画、ドラマの3部構成で、ドラマは新喜劇座員を巡るホラー。
    大阪夏の陣に関連するストーリーになることから、真田幸村戦没の地として知られる安居神社での厄払いと成功祈願が行われた。

     すっちーは「(台本に)撮影終了予定が30時とか書いてあったんですよ。あれはどうなんですか? ドラマの世界ではよくあるんですか?」と、
    初めて経験するドラマ撮影のハードさに度肝を抜かれた様子。「普段の新喜劇ではムチャクチャなことしかやってないので(シリアスな演技は)ちょっと無理。
    38時ぐらいになってしまうかもしれません」と戦々恐々だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160717-00000113-sph-ent
    2 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 22:25:11.04 ID:ID:ue33dpIA0.net
    大きな差が付いてしまった双子が仲いいわけがない。察してやれ。
    【マナカナの不仲説wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ER


    1 : 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 21:26:53.38 ID:ID:CAP_USER9.net
    【増田貴久/モデルプレス=7月17日】NEWSの増田貴久が、17日放送の日本テレビ系「チカラウタ」
    (毎週日曜17:00)にゲスト出演。小学校6年生でジャニーズ事務所に入所後、およそ1ヶ月でKinKi Kidsの
    バックダンサーとして東京ドームのステージを踏んだ増田は「なんでこんなに人が集まるんだろう。
    この人たちは本当にすごい人たちなんだ」と感動したことを回顧。そんな東京ドームへの特別な想いがあった
    からこそ、NEWSが4人で復活を遂げる際に「東京ドームでできるまではライブをやらなくていい」と
    最後までこだわりを持ち続け、メンバーと対立したことなどを赤裸々に明かした。

    NEWS崩壊の裏でテゴマスが活躍…小山慶一郎「引き止めなかったら後悔する」

    2003年に華々しいデビューを飾ったNEWSだが、徐々にメンバーは減少し、大きい変化が訪れたのは
    2011年10月の山下智久、錦戸亮の脱退。「4人でやるかやらないかを考えるよりも先に、すごくショック過ぎて
    『なんでこんなことになっちゃったんだろう』ってすごく悔しかった。やりたいことのビジョンはみんな
    違ったので、初めは解散っていう選択肢も考えた」と境地に立たされていたことを告白。

    しかし「4人でやって行った方がいい」と加藤シゲアキとともに話していたという、番組MCの小山慶一郎は
    「その時タイミングが悪かったのが、テゴマスがツアーをやっていた。もし自分がテゴマスだったら、
    テゴマスでやればいいんじゃないかって思うのが普通。でもこの人を引き止めなかったら自分も後悔するし、
    きっとまっすーも後悔すると思った」といい、電話で1時間ほど増田を説得したという。それでも増田は
    「(小山が)4人ですぐに活動して忘れさせないようにしよう、って言ってたんですけど、俺は違うんじゃ
    ないかと思った。4人になってしまった自分たちの責任もあるし、やるからにはちゃんとしたものが
    できないんだったら、やる必要ないんじゃないか」と中途半端なままでは再始動できないと考えていたことを吐露した。

    そんなメンバー間での対立を経て、NEWSは2012年7月に4人体制で初のシングル「チャンカパーナ」を
    リリース。増田は「時間が空いたのは、僕のせい」と自身の責任であるとした。

    東京ドームへの強い想い「本当に嬉しかった」

    さらに、リリース後には4人体制で初となるツアー「NEWS LIVE TOUR 2012 ~美しい恋にするよ~」を開催。
    初日は東京・秩父宮ラグビー場で行われたが「4人での復活コンサートは東京ドームでやりたかった。
    スタッフさんに『東京ドームでできないですか?』って聞いたら『できない』と(言われた)。自分にとっては
    夢の場所でずっとお願いしてたんですけど、それは叶わなかった」
    「言い方は悪いですけど、『だったらドームでできるまでやらなくていい!』ってわがまま言っちゃうくらい…」と
    目を潤ませながら、焦ってパニックに陥っていたという当時の自分を振り返った。

    それから約1年後の2013年9月、10周年記念ライブを東京ドームで開催したNEWS。念願の晴れ舞台となった増田は
    「本当に嬉しかったです。ステージのセットを組んでるところに行って、ステージが組まれてるのを見ながら
    泣いてました」と泣いて喜んだことを明かし、その際に4人で制作した楽曲「愛言葉」を“チカラウタ”として
    発表した。(modelpress編集部)

    http://mdpr.jp/news/detail/1598971
    3 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 21:29:38.28 ID:ID:r/2GvRTf0.net
    >>1
    都知事候補の増田・・・・
    紛らわしいスレ出すな!
    【NEWS増田貴久 グループ復活までの葛藤を赤裸々告白】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 15:48:13.88 ID:ID:CAP_USER9.net
    7月から展開されている能年玲奈(23)の一連の“復帰プロモーション”に対して、前事務所のレプロ・エンタテイメントが正式に待ったをかけた。
    一部メディアを通じて「現在まで解決に至っておりません」などとコメントを発表し、問題が何も終わっていないことを強調した。
    レプロの対応に対して、ファンの間では賛否が真っ二つに分かれている。

    ■どっちが悪い? 事務所の対応に賛否両論

    2015年1月に、演劇指導の“生ゴミ先生”こと滝沢充子氏とともに株式会社「三毛andカリントウ」を設立した能年。
    レプロとの二重契約が取り沙汰され、約1年半に渡って姿を消すこととなった。

    今年7月に入って、能年は一部雑誌メディアを通じて「(レプロとの)6月までの契約は終わった」と主張し、芸名を「のん」と改名。
    芸能復帰すると宣言していた。しかし15日頃になってレプロが一部メディアを通じて、能年との契約解消を否定するコメントを正式発表。事態は急転した。

    今回の一件についてレプロは「能年玲奈とはこれまで、専属芸術家契約等の履行及び更新をめぐる諸問題について、
    同人に対しその解決に向けた誠実な対応を求め、協議を続けてまいりました。
    しかし、誠に遺憾ながら、現在までその解決に至っておりません」と述べ、法的対応も視野に入っている模様。

    巷の意見は真っ二つ。レプロの対応を大人げないと考えて「もう解放してやれ」「事務所のイメージ最悪」と能年擁護派がいる一方、
    「事務所的には中途半端な解決したらその後大変では」「能年が社会人としてきっちり片付ければいいだけ。
    シカトして逃げ回って、はい終わりとかバイトじゃないんだから」とレプロ肯定派も少なくない。

    また、レプロの劣悪な待遇問題や能年の無視行動など数々の報道が乱立しているだけに、表立った情報だけではどちらが悪いか判別がつかず、
    「いっそ裁判で双方の公の主張聞いてみたい。ゴシップネタレベルではよくわからん」という意見も出ている。

    一般的に日本の芸能界は、芸能事務所を通じて芸能人が活動を展開する。他との二重契約などご法度だ。
    それだけに、先に契約していた事務所からこれだけプレッシャーをかけられれば、
    能年本人よりもテレビ局やスポンサー企業が仁義的に動きづらい。

    レプロの公式サイト内にある能年の紹介ページには、地上波放送された映画『ホットロード』がスケジュールの一つとして記されていた(15日夜時点)。
    契約は解消されておらず、「能年は所属タレントである」というのが事務所の見解のようである。

    「レプロの報道対応は事実上の制裁。能年を相手取って裁判ともなれば半年、1年以上かかるかもしれません。
    裁判費用もバカになりませんから、長期戦になればレプロが金銭的に有利でしょう」(報道関係者)

    能年とレプロの間で交わされている契約内容は、本人たちのみぞ知るところ。とにもかくにも、
    才能ある女優が輝きを放つ時期に活動できない様を見るのは悲しいかぎり。両者の間で問題が早く解消されることが待たれる。

    http://dailynewsonline.jp/article/1163963/
    2016.07.17 09:03 デイリーニュースオンライン

    最新動画


    【テレビから永久追放?”のん”こと能年玲奈と事務所が法廷闘争へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : Egg ★@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 23:56:00.14 ID:ID:CAP_USER9.net
    引く手あまたの人気女優となった波瑠(25才)。連続テレビ小説『あさが来た』(NHK)に主演、『世界一難しい恋』(日本テレビ系)でのヒロインに続き、
    12日にスタートした『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(フジテレビ系、22時~)では民放ドラマ初主演。
    昨年9月から3作連続、出ずっぱりの人気だ。そんな波瑠の魅力とは? テレビ解説者の木村隆志さんに聞いた。

    『あさが来た』では、明るく好奇心旺盛なキャラクターで視聴者を魅了し、ラブコメの『世界一難しい恋』では、ちょっと変わった才女を好演。
    嵐の大野智が演じた性格に難ありの若手社長との軽妙な掛け合いも好評だった。

    明るいムードの前2作とは打って変わり、サスペンスの今作は、
    異常犯罪者たちと対峙する新人刑事という役どころ。一見明るいが、心に闇を抱えた複雑な役柄を演じる。

    前作の『世界一難しい恋』に出演の傍ら、5月には内野聖陽とのふたり舞台にも出演し、
    各方面から引っ張りだこだ。特定の役のイメージがついておらず、どの役にも染まれるニュートラルさが波瑠の強み、と木村さんは語る。

    「彼女自身の人柄がポジティブでもネガティブでもない。ガツガツしておらず、でも控えめでもない。おとなしくも活発でもない。
    素直すぎでも斜に構えてもいない…という中庸な雰囲気があります。実際に役に入れば、すっと役にハマる演技力もある。
    もともと備えていた女優としての資質と長い下積みで磨かれたものが今、開花したといえます」(以下、「」内同)

    知名度と人気を高めた『あさが来た』以前から、ドラマファンの間ではその存在感や演技力は注目されていたが、
    2012年のドコモのCM出演でも話題に。男の子のようなショートカットの中性的な雰囲気も、同性から好かれる要因となっているようだ。

    「サバサバした性格で媚びたところが全然ないので、美人なわりに女性に嫌われないんです。
    過剰なサービスがなく自然体で、無理して笑いを取ることはしませんがユーモアもある“ちょうどよさ”があります。

    ショートカットというのも、爽やかで同性から嫌われにくい要素ですね。
    フェミニンすぎないので『仕事ドラマ』にもイメージが合います。波瑠さんの凜とした佇まいは、着物が似合うだけでなく刑事役もピッタリです。

    好感度が高いという言い方もありますが、嫌われる部分がないんですね。
    芸能人は、実はこっちの方が大事で、ものすごく好かれてもアンチは出ますから、結局、嫌われる要素が少ない人がずっと連ドラに出ていられます。

    波瑠さんは長い下積みを経て、主役を張っても調子に乗ったところもないですし、最近では、綾瀬はるかさん以来の好感度ではないでしょうか。
    これから国民的女優として、間違いなく大河ドラマの主演を張ると思います」

    出演作が立て続けにヒットしているのも、朝ドラで視聴率の要となっている中高年層を味方にしているのは大きく、
    その上で、役に真摯に向き合う姿やガッツがにじみ出た「応援したくなる」演技も視聴者に支持されていると木村さんは分析する。

    一部抜粋

    NEWS ポストセブン 7月17日(日)16時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160717-00000019-pseven-ent

    写真
    56 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 00:16:42.42 ID:ID:a/eiYgmX0.net
    >>1
    知らないだけだろ 今のドラマなんて見ないもん(´・ω・`)
    96 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 00:31:08.15 ID:ID:ZPAr+pQr0.net
    >>1
    そもそも美人じゃない、終了~w
    【波瑠 美人なわりに女性に嫌われない、アンチの少なさは綾瀬はるか並みか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1 : シャチ ★@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 23:45:22.72 ID:ID:CAP_USER9.net
     棒高跳びの今野美穂(26)が可愛すぎる。各テレビ局は、8月5日に開幕するリオ五輪のキャスターに彼女を抜擢しようと、
    水面下で激しい争奪戦が繰り広げられているという。
     「今野は棒高跳びの選手で、陸上通の間では“美人&美乳”で、知る人ぞ知る存在なんです。
    美しすぎるマスクはもちろん、均整の取れた肉体美は絶品。そこらにいるグラビアアイドルなんかより、
    断然癒やされますよ」(陸上ライター)

     今野が突如、テレビ局の注目の的となったのは、6月25日に行われたリオ五輪代表を決める
    「日本陸上選考会2016」で2位となってから。だが、国際陸連が定めるオリンピック代表選手の
    最終期限は7月18日ではあるが、すでに代表44名の内定が決定。事実上、選考落ちとなってしまったのである。
     「東京五輪まで、年齢的にはできるでしょうが、いかんせん女子陸上は世界的に通用する選手が少ないのが事実なんです。
    彼女としても今後の身の振り方を考えているのではないでしょうか。もちろん、テレビ界は放っておきませんよ」(同)

     1990年、埼玉県出身。聖学院大学卒業後、トーエルに所属した彼女は、今回の選考会で4メートル00を記録。
    世界記録5メートル06(エレーナ・イシンバエワ)には遠く及ばないが、テレビ界に美女・今野美穂の存在を大きくアピールした格好だ。
     「草加高校時代は最初、新体操部に入部したのですが、その時点で校内では評判だったそうです。その後、
    陸上部に移ると、競技成績はもちろんのこと、男性人気も最高潮。今回、テレビ放送した選考会でも、
    その可愛さは際立っていましたね。彼女には相当のファンがいるらしく、競技映像もネットに多く流出している。
    完全な陸上界のアイドルです」(スポーツ紙記者)

     サイズはT165、B80・W58・H84のBカップ美乳。理想的アスリート体形での躍動感あふれるプレースタイルに、
    男性陣たちの下半身の注目度は熱い。

     「棒高跳びの常識とはいえ、ヘソ出しで飛ぶのが、やたらセクシー。
    それにピチピチのウエアを着ているときの股間のドテの盛り上がり方がとってもセクシーんです」(同)

     気になる、キャスターデビューの局だが…。
     「民放各局もさることながら、あのNHKも彼女にご執心とか。すでに、依頼が殺到しているとの話です。
    おそらく、7月末には決まるのではないでしょうか」(テレビ雑誌編集者)

     五輪後には、彼女はさぞかしテレビに出ずっぱりになっていることだろう。


    ソース 週刊実話
    http://wjn.jp/article/detail/4180560/
    【可愛いすぎる棒高跳び・今野美穂の五輪キャスター争奪戦】の続きを読む

    このページのトップヘ