このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/06(金) 13:09:20.80 ID:CAP_USER9
    9月29日放送のお笑い番組「ネタパレ」(フジテレビ系)にタレントの佐野ひなこが出演。
    ベージュのピッタリした衣装に髪型はポニーテールに決めていたが、その容姿に多くの視聴者が驚いたという。テレビ誌のライターが耳打ちする。

    「佐野ひなこと言えばFカップバストを誇り、ドラマにも可愛らしいOLなどの役で出演している人気タレント。
    ところがこの日、佐野が登場すると、ネット上には『えっ、誰!?』『うわあ、劣化したなあ』というネット民のつぶやきが続出しました。
    番組を途中から見始めた視聴者の中には、佐野だと気づかない人も多かったようです」

    普通なら可愛らしさをアピールできるはずのポニーテールも、この日はむしろ“生活に疲れた主婦”を醸し出してしまう結果に。
    また胸元に大きな刺繍の入った衣装は胸元全体を平坦に押し上げてしまい、自慢のFカップバストを完全に隠してしまっていたのである。
    そんな佐野の胸元について、女性誌のライターが指摘する。

    「あの見た目ではFカップどころかDカップ程度ではと怪しんでしまいました。
    そして気になったのは“女子力が強い人”というネタに登場したブランド『une nana cool(ウンナナクール)』について、
    佐野が『女子には常識』と語っていたところ。このブランドはシンプルさと可愛らしさを強調した低価格ラインで、商品のほとんどはEカップまで。
    Fカップの佐野にとっては本来、手に取ることのないブランドですが、それを“常識”と語ったところに、実はハナからFカップなんてなかったのではと疑ってしまいました」

    劣化に加えて胸のサイズについても疑惑が飛び出した佐野。インスタを見ると8月14日にアンダーウエア姿の投稿があるものの、どう見てもFカップには見えない代物だ。
    形の美しさを主張するならともかく、サイズを詐称し続けるのはもはや厳しいのではないだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1362214/
    2017.10.06 09:59 アサ芸プラス

    https://pbs.twimg.com/media/DK5cJ2uUQAEF4wp.jpg
    no title

    https://pbs.twimg.com/ext_tw_video_thumb/913366107620347906/pu/img/7ud7-T-l4EpBwy3y.jpg
    no title

    https://pbs.twimg.com/profile_images/693768795953827840/JcUtlRvz.jpg
    no title

    https://im7-a.mbokimg.dena.ne.jp/1/7/869/483639869.4.jpg
    no title

    http://sui-tan.biz/wp-content/uploads/2015/01/b3475b79a31b064cf8f8c294248f9398.jpg
    no title

    https://im11-a.mbokimg.dena.ne.jp/2/7/230/477347230.2.jpg
    no title

    【【画像】バラエティ番組に出演した佐野ひなこが劣化しすぎだと話題にwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/06(金) 13:30:47.85 ID:CAP_USER9
    PS史上9人目の1試合3発、今季のMVP最有力候補が地区シリーズ初戦で躍動
     アストロズのホセ・アルトゥーベ内野手が5日(日本時間6日)、レッドソックスとの地区シリーズ第1戦で3本塁打を放つ大暴れ。チームを8-2での快勝に導いた。ポストシーズンでの1試合3発は、ベーブ・ルース(2度)、レジー・ジャクソン、アルバート・プホルスらに続いて史上9人目の偉業。現役時代に中日でプレーし、現在はアストロズの打撃アシスタントコーチを務めるアロンゾ・パウエル氏は「まさかイチロー以上の打者が現れるなんて」と“最大級”の賛辞を送っている。

     アルトゥーベは初回、ブレグマンの先制弾に続いて相手先発セールから2者連続本塁打となるソロ弾を放つと、5回にもセールからソロ本塁打。さらに、7回には救援右腕マドックスから左翼席にソロを叩き込み、チームの勝利に大きく貢献した。

     身長168センチの“小さな巨人”は今季、史上5人目の4年連続200安打を達成。イチローがマークした10年連続200安打という偉業にどこまで迫れるか、注目が集まっている。この4年のうち3度も首位打者に輝いている一方で、長打力も年々つけてきており、2014年は7本、15年は15本、16年は24本、今季は24本の本塁打を記録。長打率も4年連続で上昇し、今季は.547だった。

    殿堂入り打者よりも上? 「アルトゥーベこそがベストだ」
     まさに完璧な打者とも言えるアルトゥーベ。米スポーツサイト「ブリーチャー・レポート」によると、元中日のパウエル氏はその打撃に脱帽しているという。記事では、イチローがオリックス時代に7年連続で首位打者に輝いていた時期に、パウエル氏もセ・リーグで3年連続で首位打者を獲得していたことなどに言及。その上で、以下のコメントを紹介している。

    「イチローのことはよく知っているよ。まさかイチロー以上のバッターが現れるなんて思いもしなかったよ」

    「昨シーズンが始まって3か月くらいの時に、そう考えるようになったんだ」

     記事ではさらに、「イチロー、ウェイド・ボッグス、トニー・グウィンなど、アメリカと海外で何人かの殿堂入り選手たちと対戦してきたが、アルトゥーベこそがベストだと、パウエルコーチは述べた」と指摘。“小さな巨人“の打撃を手放しで絶賛している。

     今季のア・リーグMVPの最有力候補。自身初のワールドシリーズ制覇に向けても、大きなチャンスを掴んでいる。プレーオフの結果次第では、2017年はアルトゥーベのシーズンとしてファンの脳裏に刻まれることになりそうだ。
    20171006-00010018-fullcount-000-5-view

    フルカウント編集部●文 text by Full-Count
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00010018-fullcount-base

    【イチロー以上の打者イチロー以上の打者がMLBに出現!その選手とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/06(金) 12:54:15.96 ID:CAP_USER9
     TBS系「ビビット」は6日、同番組の過去放送で倫理違反があったことについて、「こうしたことが再び起こらないよう努めてまいります」とコメントした。

     問題となったのは1月31日放送分。多摩川河川敷で多数の犬を飼っているホームレスの男性を取り上げた際、この男性を「犬男爵」と呼び、「人間の皮を被った化け物」とイラスト付きで表現。同番組は3月3日の放送で謝罪していた。

     放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は5日、同放送について「男性の人格を傷つけるだけでなく、ホームレスの人々への偏見を助長する恐れがあり不適切だった」とし、
    さらに「別のホームレス男性の話を断りなく撮影し放送した点も、取材対象者との信頼関係を損ねる行為」と指摘し、放送倫理違反に当たるとした。

     これを受けこの日、吉田明世アナウンサーがあらためて謝罪。「私たちは今回の意見をしっかりと受け止めて、こうしたことが再び起こらないよう努めてまいります」とした。
    2017030303-1

    http://news.livedoor.com/article/detail/13712024/
    2017年10月6日 10時58分 日刊スポーツ

    【TBSの番組「ビビット」によるホームレス中傷事件でTBSが謝罪wwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/03(火) 21:48:44.18 _USER9
    10月1日から放送が始まった情報番組『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日)で東山紀之が初のキャスターを務めた。だが、この番組の内容が物議を醸している。

    同番組は毎週日曜日の5時50分から8時半までの生放送。その仕事ぶりについて、各方面からの評価はいまいちだ。

    「東山はよくいえば貫禄があるのですが、その反面、160分の放送なのに笑うことはなく、非常に偉ぶって見えました。時事ニュースの紹介はテレビ朝日の小木逸平アナウンサーが、
    エンターテインメントはABC朝日放送のヒロド歩美アナが担当していました。東山はニュースに対する知識がないのか、感想を言うだけで、唯一、自発的にしゃべったのは同じ
    ジャニーズ事務所の『KinKi Kids』の近況のとき。宣伝がましく、視聴者はうっとうしかったと思います。全体的に雰囲気が暗く、イメージ的にメインキャスターではないですね」(ジャニーズライター)

    だが、東山は航空自衛隊千歳基地でのPAC3の取材に際して、自ら北海道まで足を運ぶという意外な一面を見せていた。東山は北朝鮮問題に関心を持っているのだという。

    「東山は自衛隊の案内役に『北朝鮮のミサイルを確実に撃ち落とせますか』と積極的に質問していました。PAC3の未公開だった部分まで撮影し、妙に細かく取材しているのが
    印象的でした」(テレビ雑誌編集者)

    テレビ朝日は朝日新聞社系列のテレビ局で、朝日新聞とテレビ朝日の報道姿勢は“抗日”だとして有名だ。さらに北朝鮮寄りの報道もしているとされ一部の週刊誌には
    《ちょうにち新聞》、《テレビちょうにち》と揶揄されている。

    「東山の取材は“抗日”の意図が感じられました。自衛隊も東山を通して北朝鮮にメッセージを送ったという説も専門家から出ているほどです」(同・編集者)

    東山は自らロシア人のクォーターだと明かしている。だが、これを額面通りに受け取る人間は少ないという。

    「彼は2010年に朝日新聞出版から自伝のエッセイ『カワサキ・キッド』を出版しています。そのなかで、少年時代に神奈川県川崎市の朝鮮・韓国人地区で育ったことを明かしているのです。
    朝日新聞系列の出版社がこの東山の本を出したこと自体、深い意味があると思います」(週刊誌記者)
    1

    https://myjitsu.jp/archives/33159

    【【芸能】情報番組「サンデーLIVE!!」 キャスター・東山紀之に起こったある"異変"】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/10/05(木) 12:32:06.64 _USER9
    10月5日に放送された『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)の2時間スペシャルに元『SMAP』の草彅剛が出演し、香取慎吾とトークや歌やダンスで盛り上がった。

    番組内では草彅と香取のふたりがストリートダンスに挑戦。ふたりは神奈川県の新百合ヶ丘駅前で土砂降りの雨のなか、サプライズでストリートダンスライブを敢行した。

    突然の草彅と香取の登場に、駅前に集まった人は歓声し、なかには涙を流す人までいた。踊り終わったあと、草彅は「10代のときを思い出した。
    やってよかった。狙い通り。きょうからまた新しい人生が始まります」と興奮気味に語った。また香取も「10代のころを思い出した。
    人も集まらないし、『おれたち何やってんだよ』って空気で」と、SMAPのデビュー当時を懐かしみながら答えた。

    視聴者からはSNS上に《SMAPから歌をジャニーズに取り上げられて、ずっと歌い踊りたかったんだな》、《練習時間50分で当時のダンスを思い出すなんてさすがプロ》、
    《2人のダンスのクセが変わってなくて泣きそう》などと絶賛の声が相次いだ。

    ふたりが作った歌も披露

    また、番組内ではふたりがかつて作詞作曲したという『シンツヨ Be on right』も披露した。歌い終わった香取は「いい歌じゃん
    。ラジオの狭いブース内でしか聞いたことなかったから」と笑顔を見せた。草彅は「ありがとう。
    香取のために心を込めて作って歌った。緊張して1番を歌い終わって呼吸が早くなった」と興奮と緊張のあまり間違えそうになったことを笑顔で明かした。

    このステージには『SMAP×SMAP』当時の音楽スタッフやバックバンドが集合しており、香取も「久々すぎて緊張する。ほとんど懐かしいメンバーですよ。どうしちゃったの?」と驚きを隠せなかった。

    さらに番組でふたりはバーベキューを楽しみ、香取の自宅を訪問するなどジャニーズ事務所に在籍していたころはなかった“初の企画”が目白押しで大きな評判を呼んだ。

    しかし、同番組の視聴率は伸び悩んでいる。SNS上で視聴者は《番組の存続をかけて凄く頑張っていた。
    打ち切りにしちゃダメだよ》、《ジャニーズ事務所に恐れず絶対続けないといけない番組》などと番組継続を要望する声が後を絶たなかった。

    視聴者の切実な声は届くだろうか。
    1

    http://dailynewsonline.jp/article/1361845/
    2017.10.05 10:50 まいじつ

    【【SMAP】「おじゃMAP!!」、神奈川県の駅前で草彅・香取がストリートダンスをするなど初企画で"ジャニーズ事務所の圧力"に抵抗】の続きを読む

    このページのトップヘ