このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : ジョーカーマン ★@\(^o^)/ 2016/08/01(月) 10:20:42.60 ID:ID:CAP_USER9.net
    アイドルユニット「乃木坂46」の注目ユニット「さゆりんご軍団」が勢力を拡大し、ついに週刊漫画の表紙&グラビアを飾った。

    1日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ36号」が初めて話題のユニット「さゆりんご軍団」を表紙として撮影したのだ。
    同ユニットは「さゆりんご」こと松村沙友理(23)を軍団長とし、副軍団長・佐々木琴子(17)、 大統領・伊藤かりん(23)、社長・寺田蘭世(17)が名を連ねる4人組。
    7月27日にリリースしたシングル「裸足でSummer」では「白米様」がカップリング曲として収録されるなど、着々と勢力を拡大している。

    グラビアでは軍団結成のいきさつから今後の大きな夢などを語っている。
    「CanCam」専属モデルの松村を筆頭に、美形揃いで“妖精”とも呼ばれる「さゆりんご軍団」の今後に注目が集まる。

    なお、スピリッツのグラビアサイト「スピリッツアイランド」では、アザーカットを掲載。
    スピリッツ公式サイトでは7日まで、グラビア撮影のメーキングムービーが配信される。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160801-00000001-tospoweb-ent

    「さゆりんご軍団」
    乃木坂46 『白米様』Short Ver.
    https://youtu.be/opn7V48092I
    乃木坂46 『さゆりんごが咲く頃』
    https://youtu.be/YPE6wHBd-u8

    「週刊ビッグコミックスピリッツ」36号 「さゆりんご軍団」(左から)佐々木琴子・伊藤かりん・松村沙友理・寺田蘭世


    「さゆりんご軍団」




    【乃木坂46松村沙友理「さゆりんご軍団」が勢力拡大!グラビア登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    s01

    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/08/01(月) 10:00:02.90 ID:ID:CAP_USER9.net
    <心機一転、またお仕事を頑張っていけたらなと思っています。> 7月14日発売の『週刊文春』のインタビューで、笑顔で力強くそう語ったのは、
    2013年のNHK朝ドラ『あまちゃん』の大ヒットで国民的人気者となった女優・能年玲奈(23)。

    「その勢いのまま、一気にトップ女優へと駆け上がっていくものと思われましたが、その後は『ホットロード』『海月姫』の2本の映画と、
    ドラマ『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)に出演しただけでした」(芸能記者) 
    他の仕事でいえば、CMやラジオなどで、いまいちパッとしなかった彼女。「そんな状況が続く中、彼女の名前が世間に大きく伝えられたのは“洗脳、引退危機”といった、
    週刊誌、スポーツ紙の報道でしたから、衝撃を受けましたね」(テレビ誌記者)

    昨年4月、騒動を報じた多数のメディアによると、能年は、彼女が“生ゴミ先生”と慕う、
    演出家で魅力開発トレーナーの滝沢充子氏の洗脳下にあり、所属事務所からの独立を企て、個人事務所『三毛andカリントウ』を設立。
    これが業界のルールに反した行為であるため、事実上の“芸能界追放”となるのでは、と書き立てられた。

    そんな中、唯一、能年擁護の立場を取ったのが、今回、能年の担ぎ出しに成功した『週刊文春』だった。
    「文春(15年5月7・14日合併号)は、新事務所は独立のためではなく、能年の描いた絵などを販売する目的の会社で、事務所との契約には抵触しないという能年サイドの主張を掲載。
    事務所の待遇、対応によって、能年が不信感を募らせていった経緯についても克明にレポートし、
    彼女の“私は仕事をしてファンの皆さんに見て欲しいです。私は仕事がしたいです”という悲痛な叫びを載せました」(女性誌記者)

    同誌によると、彼女は『あまちゃん』が社会現象となる中にあっても月5万円という薄給で、
    その後は、<玲奈の態度が悪いから、オファーが来てない。今後は単発の仕事しか入れられない>などと通告され、
    彼女がファンだった『進撃の巨人』映画版への出演オファーも、事務所に勝手に断られていたという。

    双方の主張は大きく食い違っていたが、ドラマや映画のキャスティングに絶大な影響力を持つ所属事務所に対して、
    滝沢氏とたった2人で戦いを挑む能年は、明らかに分が悪く、まったく女優活動ができなくなっていた。
    「そんな能年の久々の肉声とあって、今回の文春のインタビューに、ファンは“待っていたよ!”と、
    更新の止まっていたブログは『おそ松さん』コスプレ以来の盛り上がりで、コメントが殺到しました」(前同)

    さらに彼女は7月15日発売の『FRIDAY』に、巻頭カラー8ページぶち抜きで登場。活動休止中も、意外にも楽しく過ごしていたことを語るとともに、
    <能年……ではなく「のん」になりました。ちょっとトボけた感じですが、ひらがなで「のん」です>と、改名して今後の芸能活動を行うことを発表し、世間をアッと驚かせた。

    だが、この2誌の内容をよく読むと、元気そうな笑顔と楽観的で前向きな発言とは裏腹に、彼女の置かれた状況が変わらず厳しいものであることがよく分かる。
    文春では、インタビュアーの阿川佐和子に、<今後の仕事の予定はどうなってるの?>と聞かれると、
    <演技の仕事は声をかけていただかないことには始まらないので決まっているものはあまりないんですが>と話しており、
    またFRIDAYでも、<現状、お仕事は何も決まっていません>と明言。
    再出発をアピールしながら、ドラマや映画の仕事のオファーがないことを認めているのだ。

    芸能リポーターの川内天子氏は、こう話す。「所属事務所とのトラブルを抱えたままの女優さんには、共演者の事務所がいい顔をしませんから、
    今の状態のままではオファーが来るのは、正直、難しいんじゃないでしょうか。
    能年さんサイドにも、きっと言い分はあると思うんですけど、雑誌の取材に応じる前に、
    まずは具体的に解決への道筋をつけることにもっと力を注ぐべきだったような気がするんです」

    実際、所属事務所はこうした能年の動きに、むしろ態度を硬化させている雰囲気がある。
    「事務所のホームページには、今も能年のプロフィールが掲載されたまま。
    昨年4月から彼女と話し合いができずに仕事が入れられなかったとして、その15か月分の契約延長を求めていることが明らかになりました。

    http://dailynewsonline.jp/article/1172811/
    2016.08.01 09:00 日刊大衆




    【能年玲奈「小泉今日子の舞台で復帰?」“のん”の大逆襲が始まる!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/08/01(月) 05:28:10.25 ID:ID:CAP_USER9.net
    2016-07-31 12:17

    31日放送のフジテレビ系トーク番組「ボクらの時代」(毎週日曜あさ7時)では、
    映画『秘密 THE TOP SECRET』(8月6日公開)で共演する俳優の生田斗真、岡田将生、松坂桃李が出演。

    2011年公開の映画「アントキノイノチ」での共演が最初の出逢いだったという岡田と松坂は、
    当時を「上辺だけの付き合いだった」と振り返り、同世代俳優がゆえの“ライバル心”を打ち明けた。

    年齢もデビューもほぼ変わらず“イケメン若手俳優”という同じ土俵で芸能界で活躍する2人。
    最近では日本テレビ系ドラマ「ゆとりですがなにか」でも共演したことから距離を縮めたようだが、
    当初、岡田を「こんなにいい人だとは思わなかった」という松坂。
    岡田も「そんなに仲良くなかった。上辺だけの付き合い。
    正直言うと、仲良くなろうとも思ってなかったのかもしれない。
    同世代ってやっぱり、ちょっとした意識的なものも多分あった」と本心を明かした。

    しかし、そんな時期を経て、最近では2人で飲みに行くほどの親密な関係になったようで
    「先週は3回くらい連続で飲んでました」と語った岡田。
    「おとといも昨日も連絡来て、『無理無理!俺本番中だから!』って(笑)。
    でも『一杯だったら行けるでしょ?』って」と松坂が懲りずに飲みに誘ってくるというエピソードを紹介。
    松坂は「絶対無理だろうなって思って送ってる(笑)」としながら、岡田のスケジュールを把握した上で
    誘っていることも明かされ、スタジオでは笑いが起こっていた。

    ◆岡田将生が暴露 松坂桃李の意外な素顔とは?

    また、岡田は松坂が台本のみを持ち財布を忘れて飲みにやって来たことも暴露。
    タクシー代を「まーくん(岡田)に借りた」という松坂に対し、
    岡田は「桃李くんは完璧なイメージがあるから、そこを見れた時はちょっと嬉しかったです」
    と意外な素顔が垣間見れたことにやや感激の様子。
    松坂は「それは完全に気を許してる」と岡田との関係性が変わったことを語った。(modelpress編集部)


    ・岡田将生&松坂桃李「上辺だけの付き合いだった」 同世代俳優の“ライバル心”が明らかに(C)モデルプレス

    http://mdpr.jp/news/detail/1601983
    2 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/08/01(月) 05:29:45.03 ID:ID:AHn1Dcdl0.net
    岡田将生は綺麗な顔してるけどいまいちブレイクしてんだかわからんな
    10 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/08/01(月) 05:48:35.59 ID:ID:y98maQ+h0.net
    >>2
    あんだけ途切れないほど邦画で使われてるんだから
    業界ウケは良さそうなので、何故か安泰だね

    人気は あるのかわからん



    【岡田将生&松坂桃李「上辺だけの付き合いだった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    m1



    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/08/01(月) 08:55:33.64 ID:ID:CAP_USER9.net
    7月25日放送の月9ドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)の平均視聴率が8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが判明した。
    女性視聴者を中心に賛成意見も多い一方、徐々に批判も目立つようになっている。

    2話連続で2ケタを死守して迎えた第3話。結婚パーティーの仕事が一段落した櫻井美咲(桐谷美玲・26)は、柴崎三兄弟の長男・千秋(三浦翔平・28)、
    次男・夏向(山﨑賢人・21)の二人と一緒に江ノ島でデートする。
    そして櫻井は、夏向の計らいで千秋と二人っきりで水族館に行くことに。

    ■第3話目で視聴率が1ケタ台に急落

    視聴率は全話最低の8.7%。予定調和なストーリーは「先が読めすぎて、笑えてきた」「ランチの女王の派生」などと揶揄され、
    「旬のイケメン俳優のイメージビデオ」「桐谷美玲の見てられない演技が見てられない」という声もチラホラ。

    作中で“天才シェフ”と呼ばれる夏向は相変わらずオムバーグ作りに精を出しているものの、赤字経営が発覚。
    材料費が値上がりしたオムバーグのソースを缶詰に代用するか悩む。
    一部視聴者からは「オムバーグって恥ずかしい。他にもっとすごいメニュー開発しなよ」と冷たく突き放すような声が出始めている。

    それでも本作の女性人気は高い。ツイッターの公式アカウントは、フォロワーを38万人以上集めるなど人気。
    キャストの写真や動画を投稿すれば、1万件以上のリツイートを記録することもしばしば。
    また8.7%という低視聴率に関しては、民放ドラマが軒並み低調なため「リオ五輪があるから仕方ない」
    「夏枯れだ」という意見がポツポツ出始めている状況だ。

    「“オリンピックがあるからしょうがない”という風潮になりつつありますが、フジが同じ言い訳を使い始めたらオシマイです。
    3話目で早くも8%台に陥り、ストーリーは“女性がイケメンにやってほしいこと”を詰め込んだだけで中身がスカスカ。
    このまま視聴者に徐々に見切りをつけられれば、全話平均視聴率が前回の『ラヴソング』以下に陥る可能性もあります」(報道関係者)

    8月13日からは、鈴木保奈美(49)主演のドラマ『ノンママ白書』(フジテレビ系)も放送予定。
    フジは、オリンピック期間を無事乗り切ることができるのだろうか。そして『好きな人がいること』は不名誉な視聴率記録をわずか1クールで塗り替えてしまうのだろうか?
    前作『ラヴソング』を越える低視聴率ともなれば、2作連続の早期打ち切りが現実味を帯びてくる。”月9枠”の正念場となりそうな今作である。

    http://dailynewsonline.jp/article/1170374/
    2016.08.01 08:05 デイリーニュースオンライン


    14 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/08/01(月) 08:59:57.28 ID:ID:t9bNehit0.net
    >>1
    >また8.7%という低視聴率に関しては、民放ドラマが軒並み低調なため「リオ五輪があるから仕方ない」

    まだオリンピック始まってないけど



    【桐谷美玲月9ドラマ『好きな人がいること』視聴率が1ケタに急落…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    18


    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/08/01(月) 09:55:38.05 ID:ID:CAP_USER9.net
    先月24日、Hey!Say!JUMPの中島裕翔が主演しているドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(フジテレビ系)の第2話が放送され、
    平均視聴率7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。第1話の6.5%からは微増したものの、惨敗といわざるを得ない有り様に、
    ネット上では、ドラマ内で中島の上司役を演じている、遠藤憲一の俳優業引退を危惧する声がささやかれてしまっているようだ。

    『HOPE~』は、韓国で大ヒットを記録したドラマ『ミセン-未生-』のリメイク。
    ということで、ヒット間違いなしと踏んだのか、遠藤は、先月5日に行われた、ドラマの壮行会イベントに出席した際、
    「観てつまんないって人が圧倒的だったら、俳優を引退する」と、自信満々に言い放ち、さらに「中島くんの芝居にやられて何回か泣いちゃった」
    「間違いなく中島くんの代表作になる」と絶賛。しかし、フタを開けてみれば、初回6.5%といきなりの大コケ。
    第2話が微増したのも、直前まで『FNS27時間テレビフェスティバル!』(同)が放送されていたからではないかとささやかれ、
    「来週はまた下がるのでは?」「遠藤さん、男に二言はなし、ということで引退か」などと、遠藤の引退が近づいていると示唆する声が、ネット上であふれ返っているようだ。

    「『HOPE~』と同時刻、裏で放送されている、寺尾聰主演のドラマ『仰げば尊し』(TBS系)は、初回平均視聴率11.4%、第2話11.7%と、きっちり2ケタ台に乗せてきてますから、
    同枠の前クールに放送された松本潤主演ドラマ『99.9―刑事専門弁護士―』(同)に、『OUR HOUSE』(フジテレビ系)が惨敗を喫し、
    打ち切りの事態となったのに続いての惨敗となれば、遠藤の俳優業引退と同様、フジテレビの同枠でのドラマ撤退を危惧する声もささやかれ始めているようです。
    韓国で大ヒットしたということで、フジテレビとしては満を持して、といったところだったのでしょうが、
    “高卒の主人公の成長物語”という設定は、日本よりも学歴が重んじられている韓国だからこそ、だったのでしょう。
    ネット上でも『ひと昔前のドラマを見ているみたい』『ベタな展開。

    また、視聴率惨敗の要因として、4月に中島が吉田羊との熱愛を報じられてしまったことで、ファン離れが起きたためだと指摘する声も少なくない。
    いずれにせよ、遠藤の俳優業引退の危機は現実味を帯びてきているのだが、
    その一方で、先月22日に放送された『ダウンタウンなうSP』(同)で、遠藤が「離婚届も3回くらい出された」と告白したことで、
    「俳優業引退よりも離婚危機の方が深刻では?」との声がささやかれているようだ。

    「3度の離婚危機は、いずれも遠藤の浮気が原因だったようですが、遠藤の妻は、遠藤のマネジャーを務めているとあって、
    『離婚したら、俳優業もままならなくなるのでは?』と心配する声も流れているようです。
    また、遠藤といえば、以前は、その強面を最大限に活かして、Vシネマを中心にヤクザや悪役を演じることが多かったのですが、
    最近では、“強面だけど、実はいい人”というギャップで人気を博しているだけに、『強面で女好きっていうギャップは負の相乗効果』『見損なった』などと、
    3度の離婚危機の告白は、見事に裏目に出てしまっているようです」(同)

    最近のドラマ界では、平均視聴率5%を切ると、打ち切りがささやかれる傾向にあるようだが、
    『HOPE~』は今後、右肩上がりとなっていけるのか、それとも、2期連続での打ち切りという大失態を犯してしまうことになるのか。
    遠藤の俳優業引退を含め、業界内で注目が集まっているようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1172802/
    2016.08.01 09:00 おたぽる



    【中島裕翔のせいで、遠藤憲一が俳優業引退の危機に!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ