このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : muffin ★@\(^o^)/ 2017/01/31(火) 18:08:49.72 ID:ID:CAP_USER9.net
    http://news.livedoor.com/article/detail/12612728/
    2017年1月31日 16時53分 ナリナリドットコム

    女優の木村文乃(29歳)が1月31日、自身のInstagramで、5年ほど前の“幼い”自撮り写真を披露。「かわいすぎる!」とファンを喜ばせている。

    木村はこの日、「フォルダ整理していたら懐かしい写真がわっさわっさ出てきた」と、24~25歳頃のだという写真を投稿。
    「これ初めてのカレンダーの時かなぁ」という一枚は、ピンクのノースリーブにロングヘア、そしてアヒル口をしており、自身が「幼いな」と評するように、年齢よりもずっと若く見える。

    これにファンからは絶賛の嵐。「びじーーーーん」「文乃ちゃん本当に若い 童顔かわいい」「可愛すぎで死にかけました」「可愛いー!若い!お口がアヒル口」「アヒル口のふみのちゃん可愛い」「超絶可愛いな」などの声が続々と寄せられている。



    現在

    8 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/01/31(火) 18:13:13.66 ID:ID:UkUe13tK0.net
    >>1
    はぁ?
    31 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/01/31(火) 18:34:21.96 ID:ID:2gnRajfhO.net
    >>1
    これは天海さん案件だな
    41 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/01/31(火) 18:50:50.86 ID:ID:kUdmxMQi0.net
    >>1
    天海祐希に喧嘩売ってるなw

    【【画像】若き木村文乃の“アヒル口”にファン歓喜www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : BaaaaaaaaQφ ★@\(^o^)/ 2017/02/05(日) 09:56:13.48 ID:ID:CAP_USER9.net
    ■断捨離どころか必要最低限がない! ミニマリストの極限スタイル(3)

    シャツの襟は切り取り、ナイキのロゴは塗りつぶす…中崎タツヤ氏の凄まじいライフスタイル

     さて、(1)でご登場頂いた元「ワニブックス」編集者の佐々木典士(ふみお)氏がミニマリストの「中道」を自称しているように、この道にも、やや変則的ながら、極限を究めた兵(つわもの)がいる。

    「マザー・テレサは洋服をサリー2枚しか持っていなかったと言われていますが、そういう極限までモノが少ない状態が理想です」

     憧憬の念を込めて語るのは、元漫画家の中崎タツヤ氏だ。『じみへん』(小学館)などの作品はあまりに有名だが、15年、還暦を機に断筆・引退を決めた。

    「今、僕が持っている服は、礼服が1着、ジャンパー3枚、白い襟なしシャツと厚手のポロシャツが2枚ずつ。肌着、パンツ、靴下が各3枚にチノパンが2本です」

     命と金と妻以外、何でも捨てるという私生活を明かしたエッセイ『もたない男』(新潮文庫)の著者でもある中崎氏。彼は「2着と3着の違いは大きい」と力説する。

    「毎日服を着替えるとして、2着だと2日目にはもうストックがなくなります。すぐ洗濯すれば乗り切れるでしょうが、そうでないと服に飲み物をこぼしたら、代えがない。3着なら、汚してももう1着ある。この差は大きいので、やはり3着持ってしまう。だからマザー・テレサの2着というのは本当にすごいと思います」

     達人は達人を知るということか。もっとも、当の中崎氏は、自身がミニマリストであることを否定する。

    「ミニマリストの方々の中には『捨てることで、本当に大切なものが分かる』と言う人もいます。僕はそういうことは考えたこともない。主義とか美学でモノを減らしているわけでなく、生理的に気になるというだけのことです」

     彼があまり物を持ちたくないと思うようになったのは中学生時分だという。

    「勉強で科目ごとに別のノートを使うようになる。これが嫌で、一冊にしたかった。だからバインダー式のものにし、それまでのノートを全部捨てました。その時からモノを捨ててスッキリするのが病み付きになった」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170205-00517386-shincho-life&p=1

    仕事部屋









    【断捨離どころか必要最低限がない!ミニマリストの極限スタイル漫画家中崎タツヤ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 豆次郎 ★@\(^o^)/ 2017/01/31(火) 14:35:37.74 ID:ID:CAP_USER9.net
     がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さんは、病気を公表してブログを始められてから、より前向きに生きようとしておられるように見えます。1月29日に更新された、自身が退院したことを報告したブログでも、以下のように記しています。

    今回の入院は
    底まで行って、考え、
    弱気になりました。暗くなりました。
    ブログを書くことで
    奮い立っていました。
    「KOKORO.-小林麻央のオフィシャルブログ-」2017年1月29日

     と記しています。ブログを通じて「わたしは多くの人とつながっている。同じ病気を抱えている人にも役立っている」という気持ちになったことが、病気に立ち向かう力となっているのではないでしょうか。

    ■「病気でも社会とつながっている」という意識が大切

     私は、10年ほど前から患者会に積極的に参加し交流を持ってきた中で、自ら患者でありながら、会の世話をする人たちの多くが、明るく快活で、元気に満ちあふれていることに驚かされてきました。

     「病気をもっていても、こんなに元気な人がいる。元気の反対が病気ではない」と気づかされたのです。しかし、「なぜ、この人はこんなに元気なんだろう」と不思議に感じてきました。

     元気だから患者会の世話をできているのだろうか、あるいは世話をしているから元気になられたのだろうかなどと考えてきました。どうやら、そのどちらもが、イエスと言えそうです。

     本人も周囲の人も「患者は病気をもった弱い存在であり、周りの人が面倒をみてあげなくてはならない」「病人は周りに迷惑をかけるばかりだ」と考えているようでは、患者はしだいに生きる場所と意味を失ってしまいます。しかし、「病人であっても社会とつながっている。患者には患者としてできること、やるべきことがある」と考えられるようになれば、患者も生きる希望を見いだすことができるのです。

    病気を受容するまでに経る段階とは?

     ドイツの教育学者、エリカ・シューハルト氏はハノーファ大学の教授であり、連邦議会の議員としても活躍した方です。危機に遭遇した人の自伝や闘病記など2000冊以上を詳細に分析し、危機に直面した後にたどる“魂”の変化として、8段階のスパイラル(螺旋)モデルを提唱しました(『このくちづけを世界のすべてに ベートーヴェンの危機からの創造的飛躍 』(アカデミア・ミュージック)には、以下に記すような“魂の成長過程”が示されています。

    ■病気を“受容”するまでの8段階

     人生の危機に直面したとき、まずは第1期の「一体何が起きたのだろう」という状態に直面します。その後、第2期の「そうなのか、いやそんなはずはない」という理性と感情がぶつかり合う二律背反的な確信に移行し、第3期には「なぜ、この私が」という攻撃的な状態になります。それが、第4期に「もしそうなら、こうに違いない」という折衝となり、第5期は「何のために……すべては無意味か」といううつ状態に陥ります。それが、第6期になると「今ようやくわかった」という甘受に至るのです。

     この過程は、ドイツの精神科医であるエリザベス・キューブラー=ロス博士が著書『死ぬ瞬間―死とその過程について』の中で提唱した、終末期の患者が死を宣告されてから、受容に至るまでの5段階と類似するものです。

     ただ、シューハルト氏のモデルの新しさは、これ以降にあります。第7期の「これをやろう」という活動、そして第8期の「一緒に対処しよう」という連帯へとつながることで、魂が成長していくのです。シューハルト氏は、危機を乗り越え闘病記を書くまでに至った人を対象としたことにより、活動から連帯に至る過程を見つけることができたのでしょう。

     第6期の甘受(英語のacceptance)は、「わたしはここにいる。わたしにはできることがあり、それをやろうと思う。わたしを受け入れ、わたしはわたし個人の独自性とともに生きる」と考える時期であると解説されています。

     すでに、甘受の時期を経過し、活動や連帯の時期に至っているだろうと思われる患者さんに、このモデルについてお話ししたとき、「わたしは自分の病気を受け入れてなんかいない」と言われたことがあります。甘受や受容という日本語のニュアンスが、その方の心境には合わないのかもしれません。

     しかし、甘受は、単なるあきらめではなく、経過段階のⅡ期から目的段階のⅢ期(第7期、第8期)に至るための大きな転換点とされています。この転換点で、その人の問いは「なぜ(why)」から「どのように(how)」へと転換し、過去にばかり向いていた視線が、現在そして未来へと向けられるのです。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170131-00156026-toyo-soci


    【小林麻央さんが「ブログ」を更新し続ける意味】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 16:29:01.23 ID:ID:CAP_USER9.net
     このクール、最注目のドラマの一つだが、滑り出しは順調とはいい難いようだ。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

     * * *
     鳴り物入りでスタートした『A LIFE~愛しき人~』(TBS系日曜午後9時)も、第3話の平均視聴率は関東地区で13.9%。じりじりと数字が減少しています。思うように伸びていないのはなぜでしょう?

     SMAP解散騒動後の木村拓哉主演ドラマとなれば、あまりにも注目されすぎて制作陣もやりにくかったはず。相手役のヒロインがなかなか決まらない、といった噂が駆け巡るほど、滑り出しは心配され、その分、注目もされました。

     蓋を開ければ……キムタクはいつもの二枚目。正義感、人間味に満ち溢れ、かつ型にはまらないラフさも持ち合わせたイケメン男。その上に天才的な技を持つ外科医。と、型どおりの「スーパーヒーロー」像。百歩譲って大人の解釈をすると、キムタクのイメージとして作られてきた超二枚目路線はどうしたってはずすわけにはいかない。

     だとすれば。その他の要素をいかに工夫し、どのように作れば良かったのでしょう?

     制作陣は、キムタクの周囲に主役級の人気男優をズラリと配置すればきっとうまくいく、と考えたのかもしれません。しかし、その部分がまさにほころびかけているようにしか見えないから、辛いのです。

     キムタク演じる沖田医師の重要な対立軸として配置されたのが、壇上記念病院副院長であり、沖田の元恋人・深冬の夫である壮大です。演じているのは、浅野忠信。これが目も当てられない惨状。浅野さんって、こんなに演技が下手だったでしょうか?

     ご存じ、独特の雰囲気を持つ役者。「自分の映画に出てもらいたい」と国内外の監督からオファーがひきもきらない人気俳優。凄味も不気味も深味も持ちあわせている個性派です。ただし、「黙って」いれば。

     浅野さんがここまで滑舌が悪かったとは。身振り手振りが説明的だったとは。画面を観ながら、あちこちツッコミたくなる。今回のような新劇的セリフ芝居をこれでもか、これでもかとやらせてはいけなかった。

     慌てて付け加えるとすれば、役者のせいではない。このドラマ、配役に問題がありそうです。

     例えば沖田医師の同僚、心臓血管外科医・井川颯太を演じる松山ケンイチも、やたら論文にこだわる上昇志向の強いエリート医師に、残念ながら見えてこない。貫禄がなくて何だか軽くて、そこらのキャンパスにいそうな大学院生といった存在感。

     あるいは、ヒロイン。沖田の元恋人・壇上深冬を演じる竹内結子も頑張っているのはわかるけれど、難しい手術をこなす敏腕女医にはとうてい見えない。せいぜい幼稚園の先生か保育士といった、ほのぼのした風合いです。

     そして壇上記念病院の顧問弁護士で副院長の愛人でもある榊原実梨。演じる菜々緒に至っては、無理がありすぎ。キャバクラか、マウンティング悪女にしか見えない。

     役者自身のせいというよりも、ふられた役割に合ってない。

    >>2以降に続きます

    2017.02.04 16:00
    http://www.news-postseven.com/archives/20170204_489978.html?PAGE=1#container

    【木村拓哉『A LIFE』最大の失点ポイントは配役か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/01/31(火) 18:32:10.26 ID:ID:CAP_USER9.net
    「アヒル口をする女性は嫌い。バッカじゃないかと思う!」。そんな天海祐希さん(49)のテレビでの発言がネット上で波紋を広げている。

    話した後に顔をゆらゆら揺らす女性も嫌いだそうで、つまり「男に媚びを売る」仕草全般が嫌なようなのだ。ネット上では「よくぞ言ってくれた!」との声が上がったが、賛同するのは女性が多く、男性からは「自分ができないから嫉妬だろう」といった意見が相次ぐなど、対照的な反応になっている。

    「バカじゃないの!!」って言っちゃいますよ

    天海さんが出演したのは2017年1月29日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)。この日のテーマは「私怒ってますSP」。出演者たちは最近や過去に起こった出来事に怒りを爆発させた。天海さんは「怒っていることはない」と前置きした後に、再現VTRでアヒル口をする女性の良さが全く分からない、と怒り交じりで語り出した。

    「後々、自分がアヒル口で写っている写真を見てあの子たちはどう思うのかしら?うわぁカワイイ!なります?ならないって。私がアヒル口をして写真を撮って後で見て『バカじゃないの!!』って言っちゃいますよ」
    実は天海さん、子供の頃にカワイイと思って写真を撮る時に「おちょぼ口」をしていたという。後にその写真を見て「うわぁ!」となったそうだ。また、話し終った後に顔をゆらゆら揺らす「首が座っていない」仕草も嫌いなのだという。つまり、媚びを売っている仕草全般に腹が立つらしい。

    天海さんは、今回と同じことを15年10月5日放送の「しゃべくり007 2時間SP」(日本テレビ系)でも語っている。
    女と男で違う反応

    天海さんといえば「理想の女性上司」「女性が選ぶいい女」などのランキングで常にトップになる人気者だけに、今回の発言にも、「よくぞ言ってくれた!」と、賛同する声が上がり、

    「友達の写真とかアヒル口可愛いと思ったことないし見てて恥ずかしくなる(笑)」
    「私もブリッコしてるような女の人は苦手 」
    「うちの妹、自分を可愛いと思ってて30過ぎてんのにまだアヒル口やってる。アホかと思うわ」
    などといった意見が相次いで掲示板に投稿された。しかし、天海さんの意見に賛同しているのは女性が多いようだ。

    反対に、男性と思われる人たちは掲示板に、アヒル口をしている女性の写真をアップし「これはイイ」などと評価し、天海さん批判も展開されている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://www.j-cast.com/2017/01/31289417.html?p=all
    26 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/01/31(火) 18:49:11.99 ID:ID:Bwn+gyiw0.net
    >>1
    男のアヒル口はいいんだ
    39 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/01/31(火) 19:05:39.88 ID:ID:z5T9cEn40.net
    >>1
    広末涼子「許さねえよ」
    57 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/01/31(火) 19:44:58.81 ID:ID:kqh7CWR00.net
    >>1
    アヒル口ってなんだよ
    気にしたこともないな

    【天海祐希、アヒル口「バカじゃないの!!」に「よくぞ言ってくれた」「若い女に嫉妬」】の続きを読む

    このページのトップヘ