このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/22(金) 18:05:48.55 ID:CAP_USER9
    ももいろクローバーZ(左から百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れに)

    no title


    伊勢丹新宿店が9月21日、「ピンクハウス(PINKHOUSE)」と人気アイドルグループももいろクローバーZ(以下、ももクロ)によるコラボイベント「ブームは違和感から ~PINK HOUSE 35th anniversary~」の開催を記念してファッションショーを行った。メンバーがモデルとして登場し、ピンクハウスでコーディネートしたルックを披露した。

    9月20日から開催されている「ブームは違和感から ~PINK HOUSE 35th anniversary~」はピンクハウスとももクロによる2回目のコラボイベント。「ブームは違和感から」をテーマに掲げ、"違和感"から生まれる斬新なスタイリングを提案している。
     
    ■ブームは違和感から ~PINK HOUSE 35th anniversary~
    会期:2017年9月20日(水)?25日(月)
    会場:伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/ザ・ステージ #2

    https://www.fashionsnap.com/news/2017-09-22/pinkhouse-momoclo/

    【【閲覧注意】ももクロのピンクハウスファッションショー、メイクがヤバすぎwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/23(土) 16:02:52.05 ID:CAP_USER9
    ジャーナリスト&フォトグラファーのパブロ・マウラー氏は、「ドナルド・トランプ大統領の息子がDCユナイテッドのU-12でプレーしている」と伝えた。

    先日も色々と北朝鮮に対して発言し、世界中に大きな話題を振りまいたドナルド・トランプ大統領。

    彼は意外にサッカーとの縁があり、中米のクラブを買収しようとしたことがあったほか、1992年にはイングランドのカップ戦の抽選を行ったことも。

    メラニア夫人との間に授かった息子のバロン・トランプは、以前アーセナルのキットを身に着けていた写真が取り上げられており、サッカーファンであることも分かっていた。

    そして、今回の報告どおり、たしかにUSAサッカーデヴェロップメント・アカデミーのサイトにはバロン・トランプが登録されている。

    彼はDCユナイテッドのU-12で既に4試合に出場しており、MFとしてプレーしているという。

    http://qoly.jp/2017/09/23/donald-trump-s-son-playing-for-dc-united-kgn-1

    【トランプ大統領息子、MLSのユースでプレーするスポーツエリートだったwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/23(土) 17:17:08.46 ID:CAP_USER9
    https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/bunshun/bunshun_4191_0.jpg
    no title

    現在の秋葉原には「再開発エリア・オフィスゾーン」「専門店ゾーン」「超専門店・新文化創造ゾーン」の三層構造があり、それぞれの年代でカルチャーを生み出してきた( #1 、 #2 参照)。一方、すべてを受け入れるこの街で、姿を消したものもある――路上ライブである。筆者が取材中に再会した路上ライブのカリスマは、いまの秋葉原をどう見ているか。
    出典:「文藝春秋」2017年9月号・全3回

    路上ライブの人気者
     最後に、秋葉原で懐かしい再会をした女性を紹介しよう。

     歌手でタレントの永野希さん。彼女と初めて会ったのは、私が秋葉原の取材に通っていた2005年のこと。彼女は日曜日ごとに開かれる歩行者天国でライブをする「リトルノン」というバンドのボーカルをしていた。まだメジャーデビュー前だったが、「リトルノン」はすでにファングループができるほどホコ天の人気者だった。ライブの後、ファンらとともに路上のゴミ拾いをしてから帰る姿勢も、他の路上ライブをしている人たちと違って好印象だった。

     その後CDデビューを飾ったのは知っていたが、私の中の記憶のひとつになっていた。

     再会のきっかけは前述の喫茶店「タニマ」だった。「タニマ」には「リトルノン」時代に作られたポスターが色あせたまま貼られていた。私が懐かしくマスターの金子さんに話しかけると、

    「ボーカルのノンちゃん、今はこうなっているよ」

     と、隣の女性歌手のポスターを指した。「リトルノン」のボーカル「ノゾミ」は、ボーカリスト「永野希」になっていたのである。しかも、

    「ノンちゃん、たまにうちに来てくれるよ。『リトルノン』のポスターを剥がそうかと相談したら、『まだ貼っていて』って、頼まれた」

     彼女はまだ秋葉原に来ていて、「リトルノン」時代のことを懐かしく思っている。それが私には嬉しかった。

    「リトルノン」時代は大学生だったのが、再会した永野さんはすっかり大人の女性になっていた。

     ホコ天随一の人気者も、当初はライブをするのが怖かったという。

    「昔から人と接するのが怖くて、いつもヤマギワ電気の地下のお手洗いで着替えるんですが、緊張してお腹が痛くなったりしていました。でも好意的に聞いてくれる人とか、なにかを求めてアキバに来ている人が足を止めてくれたり、心のやりとりみたいなものがありました」

     歌う曲は人の心を明るくするような、応援歌が多かった。

    「人を励ますような曲に共感してくれたのか、家出してきた子とか、お母さんと喧嘩している子とか、相談してくれるファンが多かった。それまでファンと演者って距離があったものが、秋葉原の路上ではありませんでした。あのあと秋元康さんが『会いに行けるアイドル』というコンセプトで秋葉原で『AKB』を始めたじゃないですか。あれ、私たちを見てくれていたんじゃないかと思う。思い上がりだけど」

     永野さんは笑った。

     彼女たちが路上ライブを控えるようになったのは、皮肉にも「秋葉原のホコ天」が注目を集めすぎたからである。次第にいろんなバンドが演奏をするようになり、無許可の演奏を半ば黙認していた警察の目が厳しくなってきた。さらに「路上撮影会」と称して、ミニスカートの女性が足を広げて、道行く人に撮影させるようなことまで行われるようになった。

    「いろんなバンドが集まりすぎて、自分たちが目立てばいいって、音のボリュームを上げた音量合戦になってしまったんですよ。そしてパンツの写真を撮らせたりする女の人まで出てきて、ここはもう音楽をやる場所じゃないなって、ホコ天ライブから完全撤退しました。そしてあの事件が起きました。6月8日です」


    https://news.infoseek.co.jp/article/bunshun_4191/

    【昔の秋葉原はよかったよな・・・何故ああなってしまった背景がヤバいwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/23(土) 18:24:03.62 ID:27IJEitC0
    日本ハム斎藤佑樹、後輩清宮プロ入り判断「大正解」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00010531-nksports-base


    no title

    【斎藤佑樹さん「清宮くんの即プロ入りの判断は大正解」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 芸能おkがお伝えします@\(^o^)/ 2017/09/23(土) 16:21:55.71 ID:rbbhbp9V0
    マツコ「そんなこといってるのは中学生まで」

    no title

    【マツコ「女は結局、男を顔で選んでるとかいってるやつは一生モテない」】の続きを読む

    このページのトップヘ